FXのナンピンを解説

FXの手法の中には評価が良くないモノもあります。例えばナンピンがまさにそれで、相場の世界には『下手なナンピンすかんぴん』と呼ばれる言葉すらあるほどです。

 

まず結論から述べると、ナンピンは成功すると一気に大きく稼げる手法です。特にFXのようなレバレッジをかけられる金融商品の場合、計画的にナンピンをすることで、1年とかけずに資産を倍増することもできるでしょう。

 

その反面、計画性のないナンピンをすると、瞬く間に大損して資産を溶かしてしまう恐れがあります。まだFXを始めたばかりの初心者の方で、相場に不慣れな人ほど、ナンピンをする際には注意をした方が良いでしょう。

 

今回はナンピンの特徴と、そのやり方、さらにはFXにおけるナンピンのやり方などを紹介します。

スポンサーリンク

 

ナンピンとは?

ナンピンをわかりやすく図解で説明

【ナンピンをわかりやすく図解で説明】

 

ナンピン(難平)とは、投資手法の一つです。ナンピンは昔から使われている手法であり、現在も多用されています。ナンピンは、相場が自分の思惑と反対方向に進んだ場合、さらに「買い」もしくは「売り」を増すことです。

 

例えば、米ドル/円相場で、将来円安になると予測するとします。仮に現在のレートが1ドル100円とした場合、円安になると予測するわけですから、ロングポジションを保有することになります。その後、円高が進み、1ドル99円になったとします。この時、ナンピンではさらに買い増しをする取引手法です。

 

このように、反対方向に進む度にポジションを増やすことで、ナンピンで平均取得価格を下げることができます。

 

もしもこの後、トレンドが転換し、円安となり、米ドル円相場が1ドル100円以上にまで回復すれば、ナンピンをした投資家は利益を得ることができるでしょう。

 

FXトレーダー 倉田FXトレーダー 倉田

特に積立は毎月ナンピンをするため、ドルコスト平均法を採用していると言えます。FXでもSBIFXトレードが積立FXを開始して人気を集めています。

 

ナンピンを上手にトレードに取り入れる方法

ナンピンを図解で解説2

 

FXトレーダー 倉田FXトレーダー 倉田

私もよくやる方法です。予想に自信がないとき少なめにポジションを取ります。利益が乗ってきたけどポジションを解消したくないとき、ポジションを買い足す(売り足す)をします。

 

ナンピンのメリットは、価格が反対方向に進む場合や、予想に合っている毎にポジションを小分けで増やすことことができる点と、予想に自信がないとき損失を最少に抑えられることです。

 

例えば、将来円高になると予測するとします。その予測をした時点における米ドル/円のレートは1ドル100円とします。

 

将来、円高になると予測をするわけですから、ショートポジションを保有することが有効です。図のように初回でまとめてポジションを取れれば一番利益が出ますが、予想に自信がない場合、0.1枚から売っていって、相場が予想どおりに動いた場合に、ポジションを増やしていくのは有効な方法といえます。

 

最後に決裁のタイミングをつかんで、まとめて決済する。安心してデイトレードなどの短期トレードに利用できる方法です。

 

0.1枚から取引できてスプレッドの狭いFXブロードネットはFX初心者におすすめ業者です。

初めてのFX取引[FXブロードネット]

 

ナンピンをした場合としなかった場合の損益

ナンピン戦略

例えば、ドル円100円の時に1万通貨ショート、105円の時に1万通貨ショートをそれぞれ保有した場合。

 

もしも1ドル100円の時に2万通貨のショートポジションを保有した場合、95円まで円高が進んだとしても、10万円の利益しか稼げません。しかし、ナンピンで平均取得価格を有利な方向に動かしたことで、15万円の利益獲得です。

 

このように、ナンピンが成功すると、たとえポジションの保有量が同じでも、利益を増やすことができます。平均取得価格を有利な方向に動かすことに成功すれば、将来思惑通りに価格が動いた時に、大きく稼げることでしょう。これがナンピンのメリットです。

 

これは上手くいったときの方法です。逆に損失するパターンもあります。FX初心者がやりがちな無計画な無限ナンピンをするとあっという間に全額ロスカットです。続いてその内容を確認していきます。

 

 

ナンピンのデメリット:無限ナンピンで全資産持っていかれる

無限ナンピンでロスカット

ナンピンは確かに成功すれば、短期間で大きく稼げる手法です。しかし、もしも失敗したらどうなるのでしょうか?

 

ナンピンをする場合、相場が反対方向に進んだ時、ポジションを追加で保有することになります。そのため、相場が反対方向に動けば動くほど、損失がさらに拡大する恐れがあります。

 

例えば、将来円安になると思い、米ドル/円相場でロングポジションを保有するとします。この時、ナンピンでは円高になればなるほど、追加でロングポジションを保有することになります。ロングポジションを追加した後に相場が反転し、円安になってくれれば大儲けができるのですが、もしも相場が反転せず、そのまま円高が続いた場合はどうなのでしょう?

 

その場合、ポジションを追加してしまったことで、損失が急激に拡大します。ポジションの量が増えるということは、その分だけリターンも増えますし、リスクも増えるからです。

 

これが株式投資や外貨預金のような、現物取引ならば、たとえ含み損が増えたとしても、じっと耐えることで、凌ぐことができます。短期的に価格が下落したとしても、長期的に見れば価格が回復することがあるでしょう。それまで待つことができれば、ナンピンは成功となります。

 

しかし、FXではそのような長期戦はできません。なぜなら、FXにはロスカットがあるからです。

 

もしもナンピンのし過ぎで含み損が膨れ上がり、証拠金が急激に減った場合、FX会社は強制的にポジションを決済するロスカットを執行します。

 

ロスカットをされてしまったら、その時点で決済となるため損失が確定します。たとえその後、相場が反転し、思惑通りに価格が動いたとしても、ロスカットされてしまった以上、そのチャンスを掴むことはできません。

 

日本人は対円通貨でクロス円取引を好むのと、円を売って外貨を買うことでスワップポイントがつくことから円売り取引を好む傾向が昔から強いです。円買い圧力が強いなかで買いの無限ナンピンをするのは負けパターンです。FXは売りもできるのでトレンドに沿ったナンピンをおすすめします。

 

FXにおける賢いナンピンのやり方

FXは短期的に見ると、ナンピンが成功しやすい環境があります。

 

なにしろ株と違って、為替というのは常に同じような価格を上下に変動しているからです。為替はトレンド相場よりもレンジ相場が多く、一時的に円高もしくは円安が進むことがあっても、やがて時間が経てば元の価格に戻ることも多いです。

 

たとえ高値でロングポジションを保有することになったとしても、価格が下落し、安値になった時にロングポジションを追加しておけば、いざ価格が動いて高値に近づいた時に決済をすることで、利益を稼ぐことができるでしょう。

 

レンジ相場が多い為替市場は、まさにナンピンがしやすい環境であると言えます。

 

しかし、強いトレンドが発生したときナンピンは凶器手法になります。というのも、為替相場は時に、今までの動向を無視するような、大きな動きをすることがあるからです。

 

例えば、2008年のリーマンショック時においては、1ドル100円以上と円安気味だった相場が急激に円高へと方向転換し、2012年には1ドル80円まで下落しました。この時、もしも円安になると予測し、ロングポジションを円高になる毎に追加していたら、きっと大損していたことでしょう。

 

確かにリーマンショックは稀有な事例かもしれまていせん。しかし、今後も似たような事例が無いとは言い切れません。それほど多くはありませんが、為替相場に影響を与えるようなニュースというのは定期的によく報道されるものです。

 

このように、いつ予測を裏切る展開が発生するかわからないだけに、FXのナンピンは長期戦には不向きともいえます。FXでナンピンをするのであれば、デイトレードやスイングトレードのような、短期投資で実践した方が良いでしょう。

 

長期投資でナンピンをやると、リーマンショックやスイスフランショック、日銀砲など、想定外のハプニングが起きた時、大損する恐れがあります。

 

さらに、FXでナンピンをするなら、テクニカル分析だけでなく、ファンダメンタルズ分析もしっかり行っておきましょう。テクニカルとファンダメンタルズ、両方の分析手法を実践することで、将来の相場の動きを予測しやすくなります。

 

ナンピンは徐々にポジションを増やしていく取引手法のため『確実に円安になるだろう、もしくは円高になるだろう』という根拠を持ってからポジションを増やしていく方法がおすすめです。

 

ただ、それでもナンピンをする場合は、レバレッジを低めに設定する、ポジション数を0.1など少額にするなど、リスクを排除した上でやった方が良いです!

 

ダイバージェンスとナンピンは相性が良い!

ナンピンとダイバージェンスは相性が良い

信頼性の高いダイバージェンス。ダイバージェンスはトレンドの転換期になることが多く、信頼性も高いことからダイバージェンスを探してトレードをする人もいるくらいです。

 

 

FXトレーダー 倉田FXトレーダー 倉田

ダイバージェンスのデメリットは、シグナルが出てからチャートが動きだすまで時間がかかるという特徴があります。私はダイバージェンスのシグナルが出たら少しポジションを持って、うごきはじめたら本格的にポジションを持つという取引方法を徹底しています。

 

どうしてもシグナルが出たらポジション持ちたくなってしまうんですよね。そんなときは少~しだけポジションを持つだけでも満足感を得られます。実際は価格が動いてからでも遅くありませんが、本来持ちたいポジションの1/10を持つだけで、上手にトレードができるようになってくるでしょう。

 

1000通貨から取引可能!スプレッドも安いFXブロードネットがおすすめ!

FXブロードネット

スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(米ドル/円)
取引単位キャッシュバック通貨ペア数
原則0.2銭固定2円1,000通貨20,000円24ペア

2020年6月1日確認


FXブロードネットは、スプレッドがFX業界最狭水準で、FX初心者もできる自動売買(トラッキングトレード)も利用できるFX会社です。

 

トラッキングトレードの利益幅は『裁量トレードの3倍!』公式HPは検証結果を報告しています。FX初心者や投資初心者のために無料セミナーを開催しています。勝つための相場観、勝つためのトラッキングトレードの設定方法など詳しくレクチャーしてくれます。

 

トラッキングトレードは利益が3倍

上昇相場で、買いポジションを持っていれば含み益は増えます。しかし、相場のこまかい値動きについていけません。トラッキングトレードなら、こまかく利益確定を続けていくので、利益を最大限伸ばすことも可能です。

 

4人のFXトレーダーが、トラッキングトレードを利用して、3か月間の利益率を競うイベント『ガチンコバトル!』も人気です!ポジションを取った理由などを明確にメルマガでレクチャーしてくれるので、無料メルマガを購読するだけで相場観を養えます。

 

注目な点は、4人とも元金割れを起こしていない点でしょう。『相場観を持ったトレーダーがトラッキングトレードを利用すると利益を最大限に伸ばせる!』このことが実感できるはずです。

 

最少取引も1,000通貨から可能なので、はじめての人もお気軽にFXを始められますよ。

 

fxkouzakaisetu

 

1ドルから取引できる唯一のFX会社!SBIFXトレードもおすすめ!

スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(米ドル/円)
取引単位キャッシュバック通貨ペア数
0.17銭~7円1通貨500円(全員)34ペア

2020年6月1日確認


4円からFXができ、口座開設だけで500円のキャッシュバックがあるので、実質無料でFXをスタートすることができるFX会社です。

FX業界最狭(さいきょう)スプレッド、ドル円0.17銭~を採用、ドル円以外の通貨ペアもスプレッドが狭く、最少1ドルからFXができます。

PC&スマホツールも高性能でデイトレーダーのように頻繁に取引をする方にも人気のFX業者です。

オリコンランキング:取引手数料、コスト部門、初心者部門第1位のFX会社を無料で使える今がチャンス!低コスト、高機能ツールでFXを体感してみませんか?

口座開設

スポンサーリンク