川瀬の自己紹介

はじめに私はFXの専門家でもなければ、アナリストでもありません。『FXの専門家って何なのか?』自問自答すると為替市場で生き続けているプレーヤーではないでしょうか?

アナリストは○○が原因でドル円相場が乱高下していますとか、原油価格の変動でドルが下がっていますとか、それらしいことを言いますが、実際にFXをしている立場から考えると原因はどうでもいいことが多いです。いや、どうでもいいことしかない。

インターバンクトレーダーならFXの専門家かもしれませんが、彼らのほとんどが銀行員なのと世界の為替ディーラーはAIに仕事を奪われているのが実情です。

イキナリ人の批判で始まった私の自己紹介ですが、こう言うのには理由があります。FXは専門用語をいくつ覚えても、テクニカル分析を50個覚えても、経済指標を暗記できても勝てるとは限らないのです。

アナリスト的になって500万円溶かす

私の投資経験は2006年から始まります。当時は外貨の政策金利が高く円キャリートレード(円売り外貨買い)が流行していました。投資経験のない私もFXなら勝てそうと思い為替の世界に飛び込みました。

しかし、投機でレバレッジギリギリの博打取引をしていたので1年後に全資産の500万円を溶かします。問題だったのは、熱中していて自分の取引がハイリスクと認識できていなかった点です。終わってみたら後の祭り。全ての資産がなくなってしまいました。

FXトレーダー川瀬FXトレーダー川瀬

これは精神的にまいりました。今まで貯めたお金と、一部借金したお金が入っていましたが、私のお金は相場の養分になりました。

失った500万円を本業で稼ぎ直すって現実的には無理です。破産から数年はFXなどの投機から離れていました。お金もなかったですし、やりたいとも思いませんでした。今思えば、あんなバカなことをした私と離婚しなかった嫁さんに本当に感謝しています。

私には投資の才能がないと思いましたし、再びFXをやっても損するイメージしか沸きません。今後FXやることはないと思っていました。しかし転機が訪れます。

副業を通じてFXと再開

この頃の私の収入は税込みで500万円ほどありましたが、都内に自宅を購入したこともあり満足に生活できる給料ではありませんでした。

東京は物価が高くて、ぜいたくや無駄なものなんて買っていないのに家計は毎月マイナス。ボーナスで毎月の赤字を埋める生活を続けていました。

貯金0で毎月家計は赤字ですから何とかお金を作らなくては破綻します。土日にアルバイトや副業でライターの仕事をしながら副収入を少しずつ得ていました。

当時、副業の収入で毎月5万円くらい確保できました。土日のアルバイトで5万円稼いで生活は少しずつ安定してきました。体のしんどさはあったものの、お金がない生活より何百倍もマシだと感じていました。

副業でwebライターの仕事も始めました。ここでFXと再会します。負けた経験から多くの記事を執筆できるようになり、FXをフラットに勉強してみると、また始めてみたいという気持ちになりました。

リスクとは勇気を持って挑戦すること!

リスクがあるからリターンがある勇気を持って前へ

リスクの意味は『危険、危ない』と回答する方が多いでしょう。ウィキペディアでも『悪い事象が起こる可能性』と説明しています。そもそもリスクの語源はイタリア語のriscareで『勇気を持って前に進む』『挑戦する』という意味で、この言葉はとても好きです。

例えば、車を運転するにも交通事故のリスクはありますし、電車も線路から脱線しないとは言い切れません。国や公共交通機関はリスクを回避するために、さまざまは方法を講じています。

投資についても同じことが言えます。これからの時代、何も考えずに働いているだけで満足な生活を送れるのか?というと疑問を感じます。本当に貧乏を経験したからこそ、お金がなくなる恐怖を今も感じていますし、常に挑戦者のつもりで相場に対峙しています。

【参考:FXで安全に資産運用|銀行定期預金の不都合な真実を知っていますか?

できるだけシンプルな方法で稼ぐ!

あなたの投資は予想?それとも安定的に稼ぐ?

FXで負ける人の多くは『今の生活が苦しいから、今お金が欲しい!』この理由からスタートするので投機的な取引をして失敗してしまいます。動機は間違っていないと思います。私も同じでした。ただし短期的に元金の100倍を稼ごうと思ったら、ギャンブル取引をするしか方法がありません

これを難しく言うと投機と言いますが、投機は投機で良いことも多く私は否定をしません。特にFXに関しては全て投機だと思っています。ドルやユーロに愛着もなければ愛情も感じませんが、頻繁に買ったり、売ったりを繰り返しています。

考えるべきは出口戦略です。どんな場合に利益を確定させるか?どんな場合に諦めて損切りするか。ここを明確にしないとズルズルと含み損を抱えた勝てない投資家になってしまいます。過去の私がまさにそうでした

これからFXを始めてみたいという方はFXの自動売買をおすすめします。FXの中では資金効率は悪いですが、リスクを自動で抑えてくれてコンスタントに稼いでくれます。もちろん負けるときもありますが、裁量で取引するより全然おすすめです。

実際にトライオートETFを利用したときの記事です。最終的に3か月ほど運用して10%近い収益を出せました。自動売買ならこれくらいの成績を残すことは可能です。(投資信託の平均的なリターンは2%~5%前後)自動売買はほぼ放置でも自動で取引してくれるのでおすすめ運用方法です。ただし、取引しながらFXの仕組みやリスクなどは勉強するべきです。
【参考:トライオートETF・1カ月目の運用成果は2.4%増!1年で20%増える目算

100万円を元金にスワップ運用もしています。2018年9月時点で個人的にはメキシコペソがおすすめです。こちらも20万通貨保有していますので、記事も書いていこうと思っています。
※2019年に決済しました。2020年に価格が下がったら改めて取引する予定です。

投資をもっと身近に!みんなが幸せになれるFXを!

外為オンライン

FX初心者には外為オンラインがおすすめです。

口座開設

FXはリスクが高いと考える方が多いですが、実際は取引方法によってリスクが高い。これが正解だと私は思っています。当サイトの企画で一時iサイクル2取引を利用していました。1年ほどで100万円が140万円前後になっています。

現時点ではソシャレン以外のものは利益確定して全てスクウェアになっています。ソシャレンは放置できるのが楽ですが、満期があるので投資初心者向けです。
【参考:投資初心者向け!ソーシャルレンディングで6%の運用パーソンに!

数字の公開はいやらしさも感じますが、やり方次第で投資は生活を豊かにしてくれます。リスクは新しいことへの挑戦です。取れるリスク、取れないリスクを明確にしてお金にも働かせましょう。

当サイトはみんなで稼いでいこう!というスタイル

みんなが幸せになれますように

当サイトはFXを含めた収益を包み隠さず公開していますが、投資種類、投資手法などは個人で編み出してください。魚の話と同じです。

魚をあげたら食べたら終わりだけど、釣り方を教われば魚がいる限り食べていける。

私の目標は、12年前に大損を出した自分宛に『こうした方がいいよ!こうしたら損しないよ!』という情報を出していきたいのです。同じ投資家としてがんばっていきましょう。
FXの始め方はこちらからがわかりやすいです】

FXをはじめるには口座が必要!下記はどこもおすすめFX会社です

FX会社スプレッド

(米ドル円)
スワップ

(米ドル円)
取引単位

(通貨)
キャッシュバック
GMOクリック証券原則0.2銭固定
9円
10,000
最大3万円
みんなのFX原則0.2銭固定
6円1,000
最大5万円
DMMFX原則0.2銭固定
4円
10,000
最大2万円
外為オンライン原則1.0銭固定1円1,000

最大15万円

FXプライム0.6銭※例外あり
2円
1,000
最大1万円
アイネット証券原則0.8銭固定
7円
1,000
最大3万円

yjfx-

7円
1,000
最大2万7千円
マネースクエア変動制
1円
1,000
50,000マネースクエアポイント
ひまわり証券原則1.0銭固定
1円
10,000
-
インヴァスト変動制
-40円
1,000
タイアップ中
最大1万3千円
2020年6月1日確認
ロゴクリックで公式HPへ!