雇用統計は世界が注目する経済指標

FXを始めると証券会社などのHPやFX関連の情報サイトを見ていると、毎月の始め頃に『今日は雇用統計!』『月1回のチャンス』『雇用統計セミナー実施』というような宣伝文句や記事を見る事が多くなります。

 

初めて見た人はいったい雇用統計ってなんだろうと思いますよね?

 

今回この記事では雇用時計とはなにか?という点や、雇用統計時の業者選び、雇用統計との正しい付き合い方を中心に解説いたします。

スポンサーリンク

 

雇用統計とはなにか?

米失業率などの指標、経済への影響が大きい

雇用統計とは、経済指標と呼ばれるものの一つです。雇用統計自体は全部で10数項目からなる指標です。

 

全体的な内容はアメリカの雇用者数の情勢を発表するもので、先月に就業した人の数や失業した人の数などを発表します。

 

その中でも特にFXを取引する人に注目されるのが、非農業部門雇用者数と呼ばれるものです。

 

これは米労働省法務統計局が発表するもので、農業を除いた産業部門に所属する事業所の給与支払い帳簿を元に作成された数値のことです。

 

なお、この数字には農業に従事している人や自営業者は含みません。

 

対象の事業者数は40万社以上に昇ります。

 

アメリカの雇用統計は毎月第1金曜日の午後9時30分に発表(冬時間は午後10時30分)されます。

 

なぜアメリカの雇用統計が注目されるのか?

雇用統計の重要性はSS毎月必ず相場は荒れる

ではなぜ雇用統計、それも非農業部門雇用者数が注目されるのでしょうか?

 

それはこの雇用者こそが、アメリカの景気を表す指標として重要視されているからです。

 

非農業部門雇用者数が良ければ、アメリカの景気は今後もよくなる事が予想されるので、ドルの価格は上昇することが多いです。

 

一方非農業部門雇用者数が悪ければ、アメリカの景気は悪くなるかもしれないという疑念が広がり、ドルの価格は下落することが多いのです。

 

FXトレーダー 倉田FXトレーダー 倉田

経済指標の中で一番注目されるのが雇用統計なんです。

 

雇用統計の良い悪いってどうやって判断するの?

雇用統計の良い悪いは何で判断する?

でもFXトレーダーは雇用統計の数字の良し悪しってどう判断するの?という疑問が湧いてきませんか?

 

実は雇用統計の数字の良し悪しを図る判断基準は2つあります。

 

非農業部門雇用者数の数値に注目!

1つ目は、非農業部門雇用者数が20万人前後よりも上の数値が出るかという点です。

 

景気の良い時というのは、非農業部門雇用社数は概ね10万人台後半から20万人台後半と幅はありますが、概ね20万人前後の数字になります。

 

ところが、景気の悪い時というのは、非農業部門雇用者数が10万人台前半〜ひどい時にはマイナスの数値が出る時もあります。

 

その証拠に2007年のBNPパリパショックから2011年頃までは、数値が良くても10万人を切ることが多く、ほとんどマイナスの数値でした。

 

ちなみに最近10年程度で一番数字が悪かったのは、2009年5月発表のマイナス69.9万人という数字でした。

 

このように雇用統計の非農業部門雇用者数は景気を表す指標としてFXだけでなく、株など他の市場にも多大な影響を与える数値なのです。

 

予想よりも高いのか?低いのかに注目!

そして、2つめの判断基準は、非農業部門雇用者数の数値が、市場関係者が予想した数字よりも良いのか悪いのかという点です。

 

たとえ、10万人を切るような悪い数字でも、市場関係者の予想をはるかに上回っていれば、サプライズと受け止められ、ドルの価格は上昇します。

 

逆に2017年や2018年などのようにアメリカの景気が良くても、市場関係者の予想を下回るような数字が出れば、もちろんドル価格は暴落することもあります。

 

初心者は雇用統計時にポジションを持つのは禁止!

雇用統計にポジションダメ

さて、ここまで雇用統計について話してきたことを聞いた人の中にはこんなことを思う人もいるかもしれません。

 

こんなにドルの価格が上がったり下がったりするのなら、雇用統計時にトレードすればとても儲かるのではないか』と。

 

結論から言うと、そんなにFXの世界は甘くありません。

 

確かに、雇用統計前にドル円などのポジションを持って、発表後に思惑通りの方向へいけば儲かる可能性もあります。

 

しかし、逆に思惑とは反対の方向に行くとどうなるでしょうか?もちろん、大損しますよね?

 

また、中には、雇用統計の発表を待ち、その数字を確かめたり、チャートの動きが一方向に向かったらトレードすればいいじゃないかと考える人もいるかもしれません。

 

例えば、雇用統計の数値が良くてドル円の価格が上がる事を確認して買いポジションを持つことは可能です。

 

しかし、それはある程度熟練したトレーダーでないと厳しいです。

 

なぜなら雇用統計の数値が良くても、必ずしもドル円の価格がしばらく上がり続けるわけではないからです。

 

例えば雇用統計では以下のようなケースが多々起こります。

 

雇用統計あるある1

非農業者部門雇用者数の数値が良かったので、最初の5分は上がり続けていた。

しかし、一旦一気に雇用統計発表前の水準まで価格が下落し、その後、長い時間上昇し続けるケース

 

雇用統計あるある2

本当に一瞬(数秒から数十秒)だけドル円の価格が高くなった。

しかし、突然大暴落が起き、発表前の水準を大きく下回る価格となるケース

 

 

 

FXトレーダー 倉田FXトレーダー 倉田

雇用統計の難しいところは、短い時間で乱高下するところです。一方向に動くならOCOでもかけておけば良いわけですから、誰でも取れる相場です。瞬間の乱高下と、スプレッドがアホみたいに開くことが雇用統計トレードを難しくしています。

 

FX初心者の方は、ある程度価格の流れがゆるやかな上昇にはついていけると思いますが、突然の暴落が起きるとパニックになります。

 

考えてみてください。それまで数万円の含み益があったのに、一瞬でゼロになったり、逆に数万円の含み損を抱える心境を。

 

以上のことからFX初心者のかたは特に雇用統計発表前後のトレードは控えなければなりません。ちなみにFX会社は手数料をたくさん儲けるためには、たくさん取引をしてもらわないといけないので、雇用統計が近くなるとお祭りが始まるような空気になるのです。

 

雇用統計時にはスプレッドが開く!?

スプレッドが開く

FXで大儲けを狙う人はデイトレードやスキャルピングをする人が多いです。

 

ただしこれらのトレード方法は、注文から決済までの時間が短いため1回の取引で得られる利益は、数pip〜数10pips狙えれば上等です。

 

そのためスプレッドなどの手数料が少ない状態で取引をしないと手数料負けという事も起こります。そして、大きく利益が取れる時は、値動きが激しい時です。

 

しかし、雇用統計に限らず値動きが激しい時というのは、どの業者を使ってもスプレッドが広がる事が多いのです。

 

つまり、雇用統計時に大きく利益を取っても、タイミングによってはスプレッドの広がりで利益が少なくなる事もよくあるのです。

 

FXトレーダー 倉田FXトレーダー 倉田

FX会社によっては、指標発表前にスタンバイしてスプレッドを広げている業者があることも事実です。

 

実際に各FX会社は公式サイト内で、ドル円のスプレッドが0.3pipsと提示している事が多いのです。しかし、突発的な動きになった時は、スプレッドが広がってしまい、掲示されているスプレッドで取引できなくなるのです。

 

そしてこのようなデイトレードやスキャルピングという方法は、一瞬の決断力が求められるのであまり初心者向けではありません。

 

雇用統計時にFXをするならサクソバンク証券がオススメ!

サクソバンク

 

サクソバンク公式HPはこちらから確認できます。

口座開設

 

せっかく値動きが大きく利益が取れるチャンスなのに、スプレッドの開きで取引をあきらめてしまうのはもったいないです。

 

実は、このような雇用統計時でもスプレッドが狭い状態で取引ができる業者があるのです。

 

その業者はサクソバンク証券です

 

なんだか見慣れない名前かもしれません。

 

サクソバンク証券は、もともとデンマークの企業で、日本のFX業界に参入してきた会社ですが、2006年には為替ディーラーとして日本法人になっていましたし、当時から大手国内FX会社にチャートシステムを提供してきた業者です。

 

FXトレーダー 倉田FXトレーダー 倉田

私は雇用統計時にトレードするなら、サクソバンク証券をおいて他にないと考えています!

実際にサクソバンク証券の社長にもお話をお伺いしたので間違いありません。

サクソバンク証券インタビュー記事はこちらで確認できます】

 

その理由を説明します。

 

サクソバンク証券は日本では知名度があまりありませんが、ヨーロッパのプロのトレーダーの間では安全面や取引システムなどかなり信頼性が高い業者です。

 

サクソバンク証券の強みの一つに相場急変時も安定した約定力があることです。そして、サクソバンク証券の社長によれば、あえてスプレッドを変動制にしています。

 

日本の証券会社は固定スプレッドが主流で、一見この方法がスプレッドがより狭くなると思いがちです。

 

ただし、この方法だと顧客同士の注文(相対取引)で相殺しないと、固定スプレッドを出せません。そして、この相対取引は透明性が高くなく、雇用統計発表時の時は、約定が安定しないことが多いのです。

 

FXトレーダー 倉田FXトレーダー 倉田

サクソバンク証券は違います。

 

注文は銀行に直接流しているので、雇用統計時のような値動きが激しい時間帯でも約定が安定しているのです。ちなみに、相対取引ではなく、注文を銀行に直接流すと、FX会社の利益は減ってしまいます。

 

しかし、サクソバンク証券の会社は、『利益は微々たるものになりますが、投資家の皆様が取引しやすい環境を提供することを目的にしているので、儲けるのが得意な人はどんどん儲けてください』とまで言ってくれてます。

 

正直ここまで取引の透明性を訴えている会社は日本に、ほとんどないです。しかも日本法人の登録もしてあるので、100%信託保全されているので安心です。

 

FXトレーダー 倉田FXトレーダー 倉田

このような事情もあり、スキャルピングトレーダーがサクソバンク証券に流れている傾向が顕著です。

 

サクソバンク証券のスプレッドの狭さが矢野経済研究所のレポートで実証された

矢野総研の調査結果。サクソバンクの雇用統計時の約定力

2018年5月にサクソバンク(サクソバンク証券の親会社)が公式ページであるプレスリリースを発表しました。

 

内容は、「2017年版FX(外国為替証拠金取引)市場の動向と展望」という矢野経済研究所のレポートにおいて、サクソバンク証券が他社と比較して約定率とスプレッドの面で優位性があるというものです。

 

よくある自社調査ではなく、あくまで客観的な第3者による調査です。

 

このレポートでは、提供するスプレッドが狭いとされている国内FX業者とサクソバンク証券の4社の米国雇用統計発表時の各社の配信レートを比較調査しました。

 

具体的には雇用統計発表後、1秒ごとのスプレッドを計測し、ドル円、ユーロドルの売買を連続して発注するという調査方法を採りました。さらに指標発表の30秒前から指標発表6分後までの約定も調査しました。

 

その結果は以下の通りです。

スプレッドの結果

 

  • サクソバンク証券は4社の中で唯一約定率が100%
  • スプレッドの平均値も4社の中で、指標発表前後において全て最小だった。
  • 場合によってはスタンバイで指標発表前からスプレッドが開いている会社もある

 

ちなみにこのレポートでは、スプレッドが狭いとされている他のFX業者のスプレッドの変化も記載されています。

 

国内業者3社
  • ドル円は通常0.3pipだが最大14.9銭に開く。
  • ユーロドルは最大19.8銭に開く。

 

 

サクソバンク
  • ドル円は平均スプレッド1.1銭
  • ユーロドルは平均スプレッド1.2 銭

 

約定力・スプレッドの詳細をもう少し詳しく見てみると、以下のようになります。

 

各FX会社の雇用統計発表前後のドル円、ユーロドルにおける約定率

FX会社ドル円ユーロ/ドル
サクソバンク証券100%100%
A社99%95%
B社100%98%
C社86%85%

【データは矢野経済研究所検証:サクソバンク公式HP公開】

 

このようにサクソバンク証券以外の会社は、特にユーロドルの約定率が少し低いことがわかります。

 

各FX会社の雇用統計発表前後のドル円、ユーロドルのスプレッド

FX会社ドル円ユーロ/ドル
サクソバンク証券1.1pips1.2pips
A社5.0pips6.9pips
B社1.6pips1.8pips
C社5.7pips5.3pips

ちなみにこのスプレッドが開くのは、一瞬ではありません。2分以上スプレッドが広がっていることもあります。

 

原因としては、すでに話しましたが、相対取引が原因です。

 

またFX会社の中には、枚数の多い顧客の取引が約定しないというケースもあります。

 

FXトレーダー 倉田FXトレーダー 倉田

国内のFX業者も必死にスプレッドを狭くする努力をしています。世界レベルで見ても優秀な会社が多いのも事実です。しかし雇用統計などのサプライズ相場は苦手ということは否めない事実がわかりました。

 

もし、雇用統計時にサクソバンク証券以外で取引すると?

ここまでの説明を読んでいただけた皆さんならわかると思いますが、もし雇用統計時にサクソバンク証券以外のFX会社で取引をした場合どうなるでしょうか?

 

スキャルピングで取引をすれば、業者によっては5pips以上という高い手数料を毎回取られます。スキャルピングは1回あたりの利益は数pipsの事もよくあるので、利益になるはずが、開いたスプレッドのせいで損失に変わる事も多く起こります。

 

そして、約定率は100%約定するわけではないので、一番良いタイミングを逃したり、思ってもいない価格で取引をさせられる可能性も0ではなくなります。

 

また今回は雇用統計時の事を中心に話しましたが、相場が急に変動するのは、その時だけではありません。

 

アメリカやEUの金融政策会合時や米国大統領選挙、どこかの国の国民投票(イギリスのEU離脱投票など)や、突発的な経済に関する事件(パリパショックなど)テロが起きた時も値動きが激しくなり、スプレッドが広くなります。

 

私はこのような値動きが激しいイベントがある時は、できるだけチャートや価格を見るようにしていますが、ひどいFX会社だと、スプレッドの広さが数100pipsの時もありました。

 

これでは取引しないほうがましで、スイングトレーダーでさえ利益を上げられません。

 

FXで勝ち抜くためには業者選びも重要

以上の事から、FXの世界で勝ち抜くためには、手法や資金管理、メンタル面も大事ですが、まず選ぶFX業者を間違えていないかという点も大事です。

 

特に、スキャルピングやデイトレードをやろうとしている人は、約定率やスプレッドはきちんと調べてから口座開設をすることをおすすめします。

 

雇用統計を勝ち抜くための方法は?

博打にならないように取引する

雇用統計に限らず、指標の良し悪しでトレードする人がいますが、そのやり方は博打に近くなります。

 

指標が良いのか悪いのかは、その時になってみないとわかりません。そして、仮に指標の良し悪しを当てても、必ず思惑通りに動かないのがFXです。

 

なぜならFXの価格を動かすのは、指標の結果そのものではなく、指標の結果をみた市場参加者の感情だからです。

 

私たちFXトレーダーも含む市場参加者が、その指標が良かったからドル円の価格が上がるのではありません。

 

その指標が良かったことで、これから景気が良くなるだろうという感情があるからドル円の価格は上がるのです。

 

ではどのように取引をすれば良いのか?

まず前提条件として、指標の予想でトレードするのではなく、チャートをみて取引することをおすすめします。

 

なぜならチャートにはトレードしている人の思惑など全て含めた結果が載っている鏡のような存在だからです。

 

そして、FX初心者の方は、まずは雇用統計にいきなり参加するのではなく、雇用統計発表後の相場の流れを見ることです。

 

指標が予想より良かったが、その通り上がったのか?それとも最初は上がったけど、すぐに元に戻ってきて、また上がっていくのかというように流れを見るのです。

 

ちなみに、雇用統計発表後そのまま一気に同じ方向に行くことは多くはありません。

 

一旦元の水準ぐらいまで戻して再び上がるというようなケースも多くあります。

 

FXにある程度慣れているプレーヤーは、発表直後の最初の動きにはついていかず、2回目の流れに乗っていく人が多いです。

 

もう少し噛み砕いて説明すると、ドル円の価格が上がった→下がってきた→再び上がり始めたところで買い注文という形です。

 

私も雇用統計時にトレードをするならこの方法をおすすめします。その方がリスクが減ります。

 

最初の動きに飛び乗ると、一瞬で価格が上下しますし、高い価格で約定してしまうと、大損する可能性も高くなります。

 

本当に指標が良い結果でドル円が上がる時は、1時間、2時間とほぼ同じ方向に上がっていくことも珍しくないので、あわてる必要はないのです。

 

つまり雇用統計時の取引方法をまとめると?

雇用統計時は一瞬の乱高下が激しく、為替ニュースが入ってくる前にチャートが動きます。そのためFX初心者は雇用統計のトレードは避けましょう。

 

そして、雇用統計の時間はスプレッドが開いたり、約定拒否(システムで入らない)される事もあるので、より条件の良いサクソバンク証券でのトレードをおすすめします。

 

また、雇用統計は2回目の動きについていけばリスクを抑えながら、その後のトレンドについていけるのです。

 

雇用統計でトレードする強者は『為替にはインサイダーがないけど、事前に結果を知っている人は必ずいる』と豪語します。そして『雇用統計の夕方過ぎから偏りが出始めたら、その方面に動くケースが多い』と言いますが、私からすれば危なっかしいトレードに思えます。

 

ただ、雇用統計で相場が動く事実は間違いなく、それぞれの楽しみ方で取引していきましょう。

 

雇用統計も取引したい!ならサクソバンク一択!ツール等もおすすめ!

スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(トルコリラ/円)
取引単位キャッシュバック通貨ペア数
変動制98円1,000通貨   -150ペア以上

 

サクソバンクを利用するメリット

チェックスワップポイントがとにかく高い!トルコリラは脅威の88.9円~94円

チェック取扱ペア数は150ペア以上

チェックスプレッドは変動制もドル円0.29銭~0.5銭で推移 ※1

チェック100%信託保全完備

チェック月曜日の取引時間は朝の3時から!※2

※1 サクソバンクのスプレッドが強い時間は日本時間の17:00~25:00です。

※2 夏時間は早朝3時からチャートの確認と取引が可能。冬時間は4時からになります。

 

FX歴がある程度ある中級者やスキャルピングトレーダーに好まれるFX会社です。変動制スプレッドも欧州オープンからドル円なら、0.3銭以下になることも多く、コストに気を配る短期売買トレーダーの支持が厚い特徴があります。

 

しかし、スワップポイントは国内業者より高いことも多いため、スイングトレーダーの金利運用にも向いています。

 

サクソバンクは取引時間に特徴があり、月曜の朝4時(冬時間は3時)から取引可能です。土日のレートが気になるトレーダーは持っておきたいFX口座です。スマホアプリも使いやすく、短期取引にも長期取引にも向いているFX業者です。

 

サクソバンクはデンマークの投資会社ですが、国内での運営は日本法人が行っていますので、国内業者と同じ感覚で利用できますし、100%信託保全されていますので、安心して取引できますよ。

 

口座開設