デイトレードおすすめランキング

 

FXデイトレード用口座を選ぶとき、スプレッドも当然考慮する必要がありますが、デイトレードに強いFX会社を選べば利益額が大きく変わることが実証されています。つまり、本来なら儲けが出ているはずが、FX会社の選択ミスで、収益がマイナスになってしまうこともあるんです!

 

 

FXデイトレードランキング根拠

チェックドル円のスプレッド0.3銭以下(業界最狭水準)

チェック取引ツールがデイトレードに適しているFX業者のみ選択

チェック副収入FX部から口座申し込みが多い順(2017年1月1日~2017年9月30日まで)

 

FXのデイトレードで重要な点は、スプレッドの狭さと取引ツールの使いやすさです。FX会社ごとにスプレッドの提供方法が違うことをご存じですか?業者ごとのスプレッドの提供方法や、メリットとデメリットを含めて比較していきます。

 

1iGMOクリック証券

GMOクリック証券
キャッシュバックスプレッド(米ドル円)通貨ペア数
最大30,000円原則0.2銭固定19ペア
最少取引単位手数料スマホ対応
10,000通貨無料

 

GMOクリック証券公式HPはこちらから確認できます。

口座開設

 

デイトレードならGMOクリック証券というトレーダーは多いはず。親会社がネット会社ということもあり、トレーダーの意見を取り入れながら自社で取引ツールを開発しています。余計なコストがかからない分、スプレッド、スワップポイントを投資家に還元していることにトレーダーからの評価が高い会社です。

 

スプレッドは、ドル円原則0.3銭固定、約定が滑らず、取引環境もスムーズなのでFXトレーダーに選ばれ続けています。

詳細:GMOクリック証券が1位の理由はこちらから確認できます

 

2iサクソバンク証券

サクソバンク

キャッシュバックスプレッド(米ドル円)通貨ペア数
変動制0.1銭~0.5銭(平均0.3銭)150ペア以上
最少取引単位手数料スマホ対応
1,000通貨無料

 

サクソバンク公式HPはこちらから確認できます。

口座開設

 

デンマークの投資会社で、日本の登録を受けているFX業者です。スプレッドは変動制を採用していますが、17:00~25:00のスプレッドは狭く、平均0.29銭と公式HPは公表しています。また、月曜日は朝3時から取引できる唯一のFX会社ということで注目を集めています。月曜日の窓開け時も取引ができます。

 

平均約定速度も0.033秒です。他社では真似できない朝方取引であなたのトレードをサポートします。

サクソバンクが2位の理由はこちらから確認できます

 

3iSBIFXトレード

SBIFXトレードの評判、クチコミ

キャッシュバックスプレッド(米ドル円)通貨ペア数
口座開設で500円0.17~0.19銭26ペア
最少取引単位手数料スマホ対応
1通貨無料

SBIFXトレード公式HPはこちらから確認できます。

fxkaishayuudou

 

FX業界後発組でありながら、ネット証券の実力で革新的なサービスを繰り出しているSBIFXトレードです。最少取引額は1通貨(1ドル)から可能で100円前後から為替取引を行えます。ドル円原則0.27銭固定(1万通貨まで)1万通貨超の取引で原則0.29銭固定です。

 

取引ツールは賛否両論ありますが、コストを抑えるためにデイトレやスキャルピングでSBIFXトレードを利用するトレーダーが急増しています。

【参考:SBIFXトレードが3位の理由はこちらから確認できます

 
 
 

1iFXデイトレード比較ランキング1位:『GMOクリック証券』

GMOクリック証券

 

デイトレード、スキャルピングと言えば『GMOクリック証券』の名前が出てくるのは私だけではないはずです。デイトレード用口座はGMOクリック証券の1強時代が続いていて今も盤石!選ばれる理由は、全てのサービス内容がトップクラスです。

 

選ばれる理由は?

チェックドル円スプレッド原則0.3銭固定は業界トップクラス!他通貨も極狭で低コスト!

チェックFX取扱高世界1位!預り資産国内1位!4人に1人のトレーダーがGMOクリック証券を利用している実績!

チェックツールは豊富な38種類のテクニカル表示可能!スマホもストレスフリーで取引可能!

チェック口コミでも常に高評価(5点中4点)を獲得している優秀なFX会社

チェック1トレード最大500万通貨まで取引可能!高い約定力!

 

GMOクリック証券は、優秀でバランスの取れているFX業者です。また、自他とも認める国内のFXリーディングカンパニーです。しかし、1点注意したいのは、最少取引単位が1万通貨です。

 

GMOクリック証券は、取引ツールやスプレッドコスト、スワップポイントに至るまで使いやすく、トレーダーの意見を取り入れ取引ツールのアップデートを繰り返しています。ツールの開発等を全て自社完結するため、余計なコストがかかっていません。そのため、低コストをトレーダーに提供してくれます。

 

安定したトレード環境を常に提供してくれるので、勝っている人、儲けを出している人ほどGMOクリック証券を利用しています。

 

その結果、GMOクリック証券がFX取扱高世界No1と、公正取引所のくりっく365よりも人気の高いFX会社になっています。

 

 

 

GMOクリック証券の口コミは?

 

GMOクリック証券のメリットとデメリット

メリットとデメリットを検証します

 

スプレッドはFX業界で最も安い水準を採用していて、原則固定で提供されています。注文が成立する約定力も高く、スマホトレードだけでも十分なパフォーマンスを発揮してくれます。GMOクリック証券はデメリットを探す方が難しい優良なFX会社です。

 

GMOクリック証券のメリット
  1. 全ての通貨ペアでスプレッドが狭い(安い)
  2. スプレッドが安心の原則固定
  3. 注文の約定力も高く、スマホ取引でもハイパフォーマンス
  4. 取引ツールも使いやすく、FX初心者もすぐに利用できる
  5. プラチナチャートが使いやすく、チャートもカスタマイズOK!

 

GMOクリック証券のデメリットは特にありませんが、使いやすさの点で注意するなら最少取引単位です。

 

GMOクリック証券のデメリット
  • 最少取引単位は1万通貨から

 

FXはレバレッジを利用できることで、少額から投資が可能です。取引単位はFX会社によって異なりますが、GMOクリック証券は1万通貨からです。1ドル100円のとき、100円×1万通貨で100万円分のドルを保有していることになります。そして、FXのレバレッジは最大で25倍なので、100万円÷25=4万。

 

つまり、最少で必要な証拠金4万円以上必要ということです。ちなみにドル円が100円のときに1万通貨保有して、ドルの価格が101円(1円値上がりした場合)1円×1万通貨=1万円。あなたは1万円の利益を得られることになります。

 

全てのデイトレーダーにおすすめ!『GMOクリック証券』

GMOクリック証券

スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(米ドル/円)
取引単位キャッシュバック通貨ペア数
原則0.2銭固定50円10,000通貨最大30,000円20ペア

2020年1月7日確認


GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、FX取引高7年連続世界第1位(2012年1月~2018年12月、ファイナンス・マグネイト社調べ)のトレーダーに選ばれ続けているFX業者です。

低スプレッド(低コスト)、高スワップで名実ともに世界一のFX業者と呼ばれるほど人気がある業者です。

使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社です!低コストで賢くFXをしたい方はGMOクリック証券が一番お勧めです。

口座開設

 

2i FXデイトレード比較ランキング2位:サクソバンク証券

サクソバンク
 
 
サクソバンク公式HPはこちらから確認できます。
口座開設
 
デンマークの投資会社のサクソバンク証券です。元々、為替ブローカーということもあり、ブローカー(インターバンクトレーダー)が必要なツールを兼ね備えています。
 
 
選ばれる理由は?
チェックスプレッドは変動制もドル円0.1銭~0.5銭で取引可能
チェック月曜は朝3時から取引可能!今まで日本になった新サービスで日本に参入してきました!
チェック日本で登録を受けている正規会社。100%信託保全されているので安心して利用できます
チェック約定力は0.033秒!とにかく即約定します!
チェック1,000通貨から取引できる
チェック通貨ペア数は脅威の150ペア以上
 
 
サクソバンク証券は唯一、月曜日朝3時(夏時間は朝4時)から取引可能な会社です。日本国内でも正規業者として登録も済んでいますし、親会社が欧州の投資銀行なので、信頼度は抜群です。
 
サクソバンク証券で口座開設すれば、CFDや株価指数CFDも取引可能です。国内で唯一バニラオプションの取引も可能な会社なんです。
※バニラオプションとは一般的な為替オプションのことを指します。1カ月後に100円で買う権利を得るというオプション取引のこと。
 
 
 約定力も納得のスピード。とにかく早いのでストレスなくデイトレードができます。もちろん国内のFX業者と同様にスマホトレードも満足できる水準に仕上がっています。
 
 

サクソバンク証券のスプレッドは?

サクソバンクのスプレッド

サクソバンク証券のスプレッドは、海外では一般的な変動制を採用しています。上記は18:00頃のスプレッドですが、ドル円で0.1銭で取引できることを示しています。また、ユーロドルで0.9銭、ポンド円で0.4銭になっています。

 

サクソバンク証券は月曜午前3時から取引可能!

サクソバンクの取引時間
 
月曜日の朝にそわそわしてしまう方は必見です!日本では月曜日朝7時頃に取引が開始ですが、サクソバンク証券は早朝3時(夏時間は4時)から取引できます。土日のレートが気になる人は、口座だけ持っておいても重宝します。また、取引ツールも使いやすいですし、相場分析用にも利用できます。
 
 
信託保全も完備されています
サクソバンクの信託保全
 
サクソバンク証券は国内で登録された正規FX会社で、信託保全もしっかり完備しています。信託先は日証金信託銀行なので、日本の業者と変わりはありません。
 
 

サクソバンク証券の口コミは?

サクソバンクの口コミ
 
国内の投資家が月曜日の相場が気になる時間帯でも、サクソバンク証券の口座があれば、いち早く相場の変動を確認できます。窓開けのタイミングが日本のオープン直前ならポジションを仕込んでおくことも可能です。朝の2:29からマーケットが開くのを待っている人もいますね。これからの月曜日は朝活でFXをしてみませんか?
 
 

サクソバンク証券のメリットとデメリット

チェックポイントは?

 

とにかく、今まで日本のFX会社にはなかったサービスが盛りだくさんです。しかも、2018年になって日本の個人投資家に受け入れられようとスプレッドを大幅縮小しました。また、カスタマーサポートは全員、日本語がわかるオペレーターが対応しますので、安心して利用できます。とてもワクワクできる情報が満載です。

 

サクソバンク証券のメリット
  1. 全ての通貨ペアでスプレッドが狭い(安い)
  2. 変動制を採用も、ドル円の平均約定は0.29銭(0.1銭~0.5銭)
  3. 月曜日は朝3時から取引できる!
  4. スマホトレードもOK!
  5. 取引サポートツールも利用できる!

 

 

サクソバンク証券も特に大きくデメリットがありませんが、デイトレードなら、ポジションを取るタイミングでスプレッドが狭くなるのを待って、0.1まで下がったら注文を押すのもゲームのようで楽しめそうです。

 

サクソバンク証券のデメリット
  • スプレッドは変動制のため、狙って約定させるのは難しい
  • 日本時間のドル円(流動性が低い時間帯は1.0銭のときもある)

 

日本市場が開いている時間帯9:00~15:00頃は流動性が低く、スプレッドが開いていることも多いです。私が見たときはドル円で1.0銭というときもありました。また、スキャルピングのようにタイミングを計って取引をする場合、スプレッドに目を向けている暇はないと思うので、取引時間を欧州時間に合わせて取引するなど工夫は必要になるでしょう。

 

サービス内容充実!ドル円スプレッド0.1銭?サクソバンク証券

スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(トルコリラ/円)
取引単位キャッシュバック通貨ペア数
変動制98円1,000通貨   -150ペア以上

 

サクソバンクを利用するメリット

チェックスワップポイントがとにかく高い!トルコリラは脅威の88.9円~94円

チェック取扱ペア数は150ペア以上

チェックスプレッドは変動制もドル円0.29銭~0.5銭で推移 ※1

チェック100%信託保全完備

チェック月曜日の取引時間は朝の3時から!※2

※1 サクソバンクのスプレッドが強い時間は日本時間の17:00~25:00です。

※2 夏時間は早朝3時からチャートの確認と取引が可能。冬時間は4時からになります。

 

FX歴がある程度ある中級者やスキャルピングトレーダーに好まれるFX会社です。変動制スプレッドも欧州オープンからドル円なら、0.3銭以下になることも多く、コストに気を配る短期売買トレーダーの支持が厚い特徴があります。

 

しかし、スワップポイントは国内業者より高いことも多いため、スイングトレーダーの金利運用にも向いています。

 

サクソバンクは取引時間に特徴があり、月曜の朝4時(冬時間は3時)から取引可能です。土日のレートが気になるトレーダーは持っておきたいFX口座です。スマホアプリも使いやすく、短期取引にも長期取引にも向いているFX業者です。

 

サクソバンクはデンマークの投資会社ですが、国内での運営は日本法人が行っていますので、国内業者と同じ感覚で利用できますし、100%信託保全されていますので、安心して取引できますよ。

 

口座開設

 

 

3iFXデイトレード比較ランキング3位:『SBIFXトレード』

SBIFXトレードの評判、クチコミ

こちらから公式HPを確認できます。

fxkaishayuudou

 

FX業界では後発組ながら、SBI証券の資金力を活かし『低スプレッド、1通貨(4円)からのFX』お試しでFXをしたい人におすすめのFX業者です!

 

選ばれる理由は?

チェック1通貨(1ドル)から取引することができるので少額投資に最適!

チェックスプレッドは業界最狭基準!ドル円原則0.27銭固定

チェック約定力・ツールもSBI証券の資金力を活かし使いやすい!

 

FX業界で1通貨から取引できるのはSBIFXトレードだけです!スプレッドも、ドル円0.27銭を採用しているので、コストが全く気になりません

※1万通貨未満0.27銭原則固定、1万通貨超は0.3銭になります。

※SBI証券とSBIFXトレードは別会社です。おすすめはSBIFXトレードです。

 

SBIFXトレードスプレッド

【引用:SBIFXトレード公式HP】

 

このように、取引枚数ごとにスプレッドが変わってきますが、ドル円1万通貨0.29銭~0.39銭という実績もあり、この数値は激安です。

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

FXを少額からコツコツやってみたい方に特におすすめです! 1通貨取引で儲けを出すことは難しいですが、デイトレードの練習には最適で、損失金額も気にならない程度です(1ドルが1円上下しても±1円の利益) はじめは徹底的に相場に慣れて、慣れたら取引枚数を増やして、自信がついたら1万通貨でトレードするスタイルがおすすめですよ!

 

SBIFXトレードのメリットとデメリット 

メリットとデメリットを検証します

SBIFXトレードは、1通貨から取引できることと、口座開設後の瞬間に500円キャッシュバックされますので、ゲーム感覚のように1通貨から遊びで取引することもできます。これはSBIFXトレード独自の戦略で、『試しに1ドルからやってみて、FXが難しくなかったら本格的にやろうかな?』という人からも支持を集めています。

 

SBIFXトレードのメリット
  1. ドル円のスプレッドは原則0.27銭固定
  2. 1通貨から取引できる
  3. 口座開設後に500円入金されているので、そのままFXを体感できる
  4. 積立FXも利用できるのでスワップトレーダーからも評判の良い会社です

 

私はそうは思いませんが、取引ツールでは良い評判があまりなく、使いにくいと話題になることも多いです。

SBIFXトレードのデメリット
  • 取引ツールが使いにくい
  • ドル円のスプレッドは1万通貨を超えると0.29銭(ほぼ0.3銭になる)

 

取引ツールの件は、SBIFXトレードのシステム開発にも声が届いているので近いうち改善されると思います。SBIFXトレードを選ぶトレーダーはスプレッドで選んでいる人が多いんです。2018年になって、ポンド円や豪ドル円のスプレッドをさらに縮小しています。FX業界がスプレッドを下げると必ずSBIFXトレードもスプレッドを下げるので、常に安い水準で利用できます。

 

ドル円原則0.27銭固定!SBIFXトレード

スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(米ドル/円)
取引単位キャッシュバック通貨ペア数
0.17~0.19銭52円1通貨500円(全員)26ペア

2020年1月7日確認


4円からFXができ、口座開設だけで500円のキャッシュバックがあるので、実質無料でFXをスタートすることができるFX会社です。

FX業界最狭(さいきょう)スプレッド、ドル円0.17~0.19銭を採用、ドル円以外の通貨ペアもスプレッドが狭く、最少1ドルからFXができます。

PC&スマホツールも高性能でデイトレーダーのように頻繁に取引をする方にも人気のFX業者です。

オリコンランキング:取引手数料、コスト部門、初心者部門第1位のFX会社を無料で使える今がチャンス!低コスト、高機能ツールでFXを体感してみませんか?

口座開設

 

FX業者比較:FXトレーダーがスプレッドにこだわる理由

スプレッドの差が利益の境界線

FXのデイトレードやスキャルピングトレーダーは、異様なほどスプレッドにこだわります。その理由をご存じですか?理由は明白で、スプレッドが狭ければ多少負け越しても利益を残すことができるからです。その理由を確認していきましょう。

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

スプレッドが違うだけでどれだけ利益が変わってくるのか?を検証します

 

例えば1日にドル円の取引を10回やったとして、0.3銭と0.6銭、1.0銭でのスプレッド(往復)を比較してみましょう。スプレッド計算になるので実際に負担する手数料ではなく、『得られた利益』と考えてください。スプレッドの差額は本来見えない部分ですが、可視化することで、その違いに驚くはずです。

 

スプレッド/取引回数1日(10回往復)トレード1か月(25日)12か月(300日)1年分のスプレッド差額
0.3銭600円13,500円18万円
0.6銭1,200円30,000円36万円▲18万円
1.0銭2,000円50,000円60万円▲42万円

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

1日10回(もしくは10枚取引)のときのスプレッドだけでこんなに違いがあるんです! もし、スプレッド1.0銭の会社で年間±0の収益なら、42万円儲かっていた計算になるんです!

 

デイトレードおすすめ業者の条件2:いくらからFXをはじめるかで業者を選ぶ

いくらからスタートするかで業者を選ぼう

最少4千円からスタートできるFXですが、あなたがスタートするときの資金次第でFX会社を変えることで利益率は大きく変わります。デイトレードを始める軍資金をいくらではじめるかで、選ぶFX会社を変える必要があります!

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

理由は、利食いや損切りの設定ラインは資金の1%に設定するのが、デイトレードの常識とされているからです。

つまり、5万円からスタートするなら1回の損切りラインは-500の地点ですし、10万円なら-1,000円地点

 

そんな小さくしか儲け出せないの!』と感じると思いますが、資金の10%前後を損切りラインにするFXトレーダーの大半は1年以内にFX相場から退場しています・・・

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

一般的に言われている損切りラインと、実際に私が体感した感覚の話です。もちろん、資産の10%前後を損切りラインにしても勝てる人はいますし、教科書的な説明と私の体験談という風に思ってくださいね

投入金額(最低資金)≦1%が損切りラインと頭に入れておいてください。

 

開始時から30万円~50万円と大きな金額で始める方は問題ありませんが、お試しで5万円からFXをやってみたい!10万円から始めてみようと思っているなら、取引単位は1,000通貨未満から開始できる会社を選びましょう!

 

デイトレードおすすめ業者の条件3:約定力とツール力

システムがしっかりしているFX会社を選びましょう

約定力とは、『注文を出した価格で注文が成立するか?』ということです。

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

今回おすすめしたいFX業者は、しっかり約定が入る会社を紹介しています。10年前は1分以上約定しない会社もありましたが、今そんなグズグズのシステムを使っていたら大問題です!

日本はFX大国で、世界で最もFX人口が多い国なんです。そのため、約定力やレート提示、トレードツールなど、良いFX業者のものを利用すれば世界最高峰のシステムを利用できるんです!

 

デイトレードにおすすめ通貨は?

流通量が多く、安定した通貨の取引がおすすめ

流通量が多い通貨は安定的な動きをしますし、ニュースなどの情報も頻繁に入ってきます。マイナー通貨は値動きが激しく、スプレッドが広い傾向にあるので、主要通貨を選ぶのがスタンダードです。

 

また、FX会社のディーラーの話だと、FXのデイトレードは7割以上がドル円という統計が取れているようです。ベテランになってくると、ユーロドル、ポンドドル、ポンド円を扱うトレーダーも多いですが、値動きが安定しているドル円が私のおすすめです。

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

高金利通貨やポンド円は、デイトレードに慣れてから始めた方が良いですよ!

 

デイトレードはドル円がおすすめ

チェックポンド円は大きく動くので儲けの可能性も、損失の可能性も同じだけ上がります。

相場は逃げることはないのでドル円などで慣れてからポンド円を運用した方が良いです。

 

チェック高金利通貨(豪ドル円、NZ円、トルコリラ等)は、スワップ狙いをする通貨なので、あえてスプレッドが広い通貨を選ぶ理由がありません

また、高金利通貨は国土の小さい国、後進国、カントリーリスクが多い国に多い傾向があるので、原因不明で価格が乱高下することもあります。

 

チェックユーロドルは世界一流通している通貨なのでデイトレードに利用するトレーダーも多いのですが、円を介さないため相場変動がわかりにくいんです。

日本に馴染みのあるクロス円でのトレードに慣れてから、ユーロドルなどに進んだ方が良いでしょう。

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

上記の感想は、私の経験と感覚によるものです。ドル円では動きが少ないという人もいますが、大きく利益を上げたいなら、取引量を上げれば良いと私は考えています。日本はドル円のスプレッドが極端に安いですし、コストを低く、取引を回していく方法が私は安全だと思っています。

 

FX取引高 世界第1位! デイトレなら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(米ドル/円)
取引単位キャッシュバック通貨ペア数
原則0.2銭固定50円10,000通貨最大30,000円20ペア

2020年1月7日確認

GMOクリック証券の特徴
  1. スプレッドは国内最狭水準!
  2. スワップポイントも高水準!
  3. 億トレーダー御用達!
  4. 約定も滑らない
  5. 取引ツールが非常に使いやすい!
  6. 正直言って欠点なし!

GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、取引高も世界第1位の人気のFX会社です。
※ファイナンス・マグネイト者調べ 2012年1月~2018年12月

FX初心者から中級者やベテランに愛されているFX会社です。

顧客の要望はすぐに取り入れ、取引ツールやチャート機能を開発しています。デイトレ、スワップ取引、スキャルピング、どんな取引にもマッチします。

 

最狭!ドル円のスプレッドが0.1銭!?サクソバンク証券

スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(トルコリラ/円)
取引単位キャッシュバック通貨ペア数
変動制98円1,000通貨   -150ペア以上

 

サクソバンクを利用するメリット

チェックスワップポイントがとにかく高い!トルコリラは脅威の88.9円~94円

チェック取扱ペア数は150ペア以上

チェックスプレッドは変動制もドル円0.29銭~0.5銭で推移 ※1

チェック100%信託保全完備

チェック月曜日の取引時間は朝の3時から!※2

※1 サクソバンクのスプレッドが強い時間は日本時間の17:00~25:00です。

※2 夏時間は早朝3時からチャートの確認と取引が可能。冬時間は4時からになります。

 

FX歴がある程度ある中級者やスキャルピングトレーダーに好まれるFX会社です。変動制スプレッドも欧州オープンからドル円なら、0.3銭以下になることも多く、コストに気を配る短期売買トレーダーの支持が厚い特徴があります。

 

しかし、スワップポイントは国内業者より高いことも多いため、スイングトレーダーの金利運用にも向いています。

 

サクソバンクは取引時間に特徴があり、月曜の朝4時(冬時間は3時)から取引可能です。土日のレートが気になるトレーダーは持っておきたいFX口座です。スマホアプリも使いやすく、短期取引にも長期取引にも向いているFX業者です。

 

サクソバンクはデンマークの投資会社ですが、国内での運営は日本法人が行っていますので、国内業者と同じ感覚で利用できますし、100%信託保全されていますので、安心して取引できますよ。

 

口座開設

 

 

4円からFXができる「SBI FXトレード」スプレッド最狭業界No1

スプレッド
(米ドル/円)
スワップ
(米ドル/円)
取引単位キャッシュバック通貨ペア数
0.17~0.19銭52円1通貨500円(全員)26ペア

2020年1月7日確認

4円からFXができるのはSBIFXトレードだけ!!口座開設だけで500円のキャッシュバックがあるので、実質無料でFXをスタートすることができるFX会社です。

FX業界最狭(さいきょう)スプレッド、ドル円0.17~0.19銭を採用、ドル円以外の通貨ペアもスプレッドが狭く、最少1ドルからFXができます。

PC&スマホツールも高性能でデイトレーダーのように頻繁に取引をする方にも人気のFX業者です。

オリコンランキング:取引手数料、コスト部門、初心者部門第1位のFX会社を無料で使える今がチャンス!低コスト、高機能ツールでFXを体感してみませんか?

口座開設バナー