スプレッドは手数料、狭いほど安いFXにおいて、スプレッドは切っても切れない関係のある言葉で、かつ重要です。一言でスプレッドを説明すれば、FXトレードの手数料この認識で大丈夫です。

 

FXトレーダー 倉田くん
私がFXをはじめた当初はスプレッドと別に取引手数料が取られていました・・・

往復で400円くらいだったと思います 今思うとぞっとしますよ

 

現在はスプレッドのみが手数料です。しかし、FX会社が自動売買ツールを提供している場合は取引手数料がかかります。

 

  • スプレッドが狭い=手数料が安い
  • スプレッドが広い=手数料が高い

 

ですので、「広いと言われたら高いんだな」と思ってもらえれば分かりやすいですよね。また、スプレッド1.0銭で手数料がどれくらいなのか確認していきます。

 

スポンサーリンク

スプレッドはBid/売りとAsk/買いで表示される

スプレッド1ドル100円30銭~33銭で取引されている。こんな言葉をニュースで聴いた覚えがありますよね。

 

これが売値と買値を指しています。売るとき(ASK)100.30、買うとき(BID)100.33、この差3銭がスプレッドという訳です。

 

スプレッドはFX業者ごとに設定値が違います。コストが気になる場合は低スプレッドの会社を選んだ方が良いですね。

 

通常はインターバンクから提示されたレートに手数料を加算した数値を提示しているんですが、国内のFX業者はスプレッド競争により一部スプレッドを負担して広く顧客を呼び込んでいます。

 

FXトレーダー 倉田くん
ついに米ドル原則0.2銭のFX会社が現れました!!

FX業界が震撼しています

 

FXは安定したシステムのマネックスFXで

【参考:FXスプレッド比較!マネックスFXが業界最狭の米ドル0.2銭!

 

もう少し詳しくスプレッドを説明

上記の例で、ASK100.30、BID100.33の時には手数料は3銭です。これを1万通貨売買するときには片道の手数料が300円です。

 

FXは注文と決済で2回取引を行ってトレードが終了するので、手数料3銭のとき、手数料は600円という計算になるのです。

 

しかし、現在の裁量トレードを行う際、FX会社で3銭の手数料を取る会社はありません。

 

相場としては、安ければ0.3銭~高くても1.0銭の間で取引されているのが一般的です。

 

スプレッドのコストはどれくらい?

スプレッドのコストはどれくらい?

実際の取引で考えてみます。ドル円原則固定0.3銭という言葉をよく耳にしませんか?このケースで計算をすると、0.3銭×1万通貨=3000銭=30円。このようになります。

 

これを発注と決済の2回で考えると2回で60円です。米ドル円の、FX取引手数料0.3銭は60円が手数料ということがわかりました。

 

FXトレーダー 倉田くん
数字を並べてもよくわからない部分もありますよね

スプレッド0.2銭~1.0銭までで、1日10万通貨取引を1年繰り返した場合、どれくらい手数料が違うのか比較しました!

 

0.2~1.0銭までのスプレッドごとによる手数料|見えない手数料を見える化

スプレッド 1日10万通貨(往復) 1か月(25日) 12か月(300日) スプレッド差による利益損失額
0.2銭 400円 10,000円 12万円
0.3銭 600円 13,500円 18万円 6万円
0.6銭 1,200円 30,000円 36万円 24万円
1.0銭 2,000円 50,000円 60万円 48万円

ドル円スプレッド1.0銭でも安いんですが、0.2銭のFX会社を利用するだけで、1年の利益が48万円も変わってきます

 

日本のスプレッドは海外ではありえない水準で、日本がFX大国であることがスプレッドからも読み取れます。しかも、スプレッドだけでなく、チャート機能、為替情報の豊富さ、約定力の強さも日本の業者を上回る会社はないと断定できます!

 

続いて単位を確認します

スプレッドの単位は銭かpips

銭と呼び続けていますが、1銭2銭は日本でのみ通用する単位です。重さや長さにも単位があるように、通貨にも単位があってpips(ピップス)で表示され、100.321から100.331に動けば1pips上昇したことになります。

 

1円動くと100pipsということですね。スプレッドの話に戻すとスプレッドは0.3pipsという訳です。円と外国通貨をトレードするクロス円取引はが使用され、米ドルとのストレート通貨だと円を介さないのでpipsで表示されます。

 

スプレッドはいつでも固定?拡大することもある?

スプレッドは固定?拡大する?

スプレッド固定0.3銭と大きく広告に載せてあるFX会社は常に0.3銭のスプレッドでトレードできるのでしょうか?基本はYESですが正確にはNOです。相場が急変すると、スプレッドが広がり4銭、5銭、10銭と拡大することが稀にあります。

 

これはサプライズで相場が大きく動いたときや、アメリカの雇用統計発表後に広がることがよくあります。相場が落ち着くとスプレッドは0.3銭に戻ります。これはどこのFX会社でも起こる現象です。

 

これは、インターバンクから提示されるレートが広がっているので、一時的に広がることは仕方のないことだと言えます。どんなときも固定スプレッドはありえないということを覚えておきましょう。

 

米ドル以外も固定0.3銭なのか?

米ドルのスプレッドが0.3銭固定でも、他通貨は0.3銭ではありません。ポンド円は2銭、ユーロ円で1.5銭などが一般的です。

 

スプレッドも大きな要素の1つですが、スワップが良い会社を選ぶ、チャートの使いやすい会社を選ぶなど要素はさまざまです。例えば、FX初心者のように、「裁量トレードは怖いから、はじめは自動売買で取引をはじめたい」と考えたとします。

 

自動売買が利用できるFX業者のスプレッドは広めの設定がされているケースが多々あります。これは、システム利用料だと思ってください。

 

また、デイトレードや、スキャルピングのような瞬間で10pips抜くようなトレードをしている人達からすれば、往復6銭の手数料だと倍近いpipsを取らないと儲けになりません。このように取引手法によってFX会社の決め方が大きく変わってきます。何を優先するかでFX会社の決め方も変わってきます。

 

FX会社ごとのスプレッド比較

FX会社スプレッド

米ドル円
スプレッド

ポンド円
スプレッド

豪ドル円
公式サイト
SBIFX原則0.27銭固定原則1.19銭固定原則0.77銭固定SBIFX
マネックスFX原則0.2銭固定原則固定1.3銭原則固定0.5銭マネックスFX
GMOクリック証券原則0.3銭固定原則1.0銭固定原則0.7銭固定gmoclick
みんなのFX原則0.3銭固定原則1.0銭固定原則0.7銭固定みんなのFX
m2j変動制変動制変動制m2J
外為オンライン誘導原則1.0銭原則3.0銭原則3.0銭gaitameonline
インヴァスト誘導変動制変動制変動制インヴァスト証券
FXプライム原則0.6銭固定原則1.8銭固定原則1.3銭固定fxprime
ひまわり証券原則1.0銭原則6.0銭原則4.0銭himawari
算出日2017年8月1日※当該スプレッドは原則固定で提供

 

こちらで改めてスプレッドの比較もしています

 

スポンサーリンク