トルコリラおすすめのFX業者は?リラのリスクを徹底検証しよう

トルコリラと言えば高金利通貨ですよね!

2017年4月、トルコリラは8.00%の政策金利。

 

日本の金利が長年0.01%で推移しているので金利の違いは一目瞭然です。

この金利差に目を付け、スワップ運用をしているトレーダーも多いのですが、リスクを知らずに取引してロスカットされているトレーダーも多いようです・・・

 

トルコリラ円の1日当たりのスワップポイントは50円~86円で推移しています。

 

FXトレーダー 倉田くん
いつの時代でも美味しい話には毒があり、ピンチの裏にはチャンスが眠っているものです!

 

今回はトルコリラ運用時のおすすめFX会社とトレード時の注意点、トルコリラのリスクについて徹底検証していきます!

 

トルコリラの記事はこちらも参考になります。

【2017】トルコリラ円|FX会社スワップ比較!買い時は?

 

スポンサーリンク

トルコリラはどんな通貨?

トルコリラってどんな通貨?

トルコはヨーロッパと中東に位置する国で、国土の広さは世界36位(日本61位)、人口78万人で世界19位(日本10位)の国です。

 

トルコはネクストイレブンに入っている国(BRICsの次に成長が見込まれている国)で世界から期待されている国でもあります。

 

しかし、シリアと隣接していることからIS(イスラミック・ステート)の脅威と隣り合わせ、最近ではクーデター騒ぎもありカントリーリスクの高さが指摘されます。

 

とは言え、現トルコ:エルドアン政権は民主主義により選出された大統領で、クーデターなど起これば近隣国家が黙っていないでしょう。

 

また歴史上、通貨価値が0になることはないので、トルコリラは現在も買われ続けている通貨なんです!高金利8%の恩恵はあるものの、相応のリスクがある通貨だと言えます。

 

つまり、このリスクをしっかり見定めて取引できる人が、ピンチの裏側のチャンスを手に入れられるのです!

 

トルコリラはFX会社ごとにスワップポイントが全く違う!

国内で唯一トルコリラ円固定115円にしていたFX会社が固定をやめ、現在は変動制で70円前後のスワップポイントです。

 

繰り返しますが、トルコリラのスワップポイントは1日50円~90円前後で推移しています。

 

俺は売り叩く!』という人でない限り、トルコリラをスワップ運用すると思うので、これからトルコリラ運用を考えている方はスワップポイントの高いFX業者を選ぶべきです。

 

ダントツおすすめはFXプライムbyGMO一強!

トルコリラスワップ

【引用:FXプライムbyGMO公式HP

 

GMOクリック証券と同じ、GMOグループのFXプライムbyGMOがトルコリラに業界最高値をつけました!

 

おすすめの理由はスワップポイントを比較すると2倍も高い数値だからです!

 

トルコリラを運用するならFXプライムbyGMO一強です!

 

fxkaishayuudou

 

スワップポイントでFX業者を比較

 

FXトレーダー 倉田くん
こちらの比較で一目瞭然ですよね!

FXプライムbyGMOがトルコリラに力を入れているのをスワップポイントからも読み取れます!

 

FX会社豪ドルNZドル南アフリカランドトルコリラ公式サイト
マネックスFX42円39円12円-マネックスFX
外為オンライン誘導15円15円5円-gaitameonline
GMOクリック証券35円37円15円-gmoclick
インヴァスト誘導35円38円10円-インヴァスト証券
SBIFX35円39円15円77円sbifx
m2j16円17円6円61円m2j
FXプライム30円31円12円86円fxprime
みんなのFX26円30円10円-minna-no-fx
アイネット証券30円35円14円-inet
ひまわり証券15円20円5円-himawari
ランドは10万通貨運用2017年5月8日確認

 

どこまで下がる?トルコリラのリスクは?

どこまでトルコリラの価格が下がるのかは『神のみぞ知る』です。

 

トルコリラが登場しはじめたときの通貨価格は1トルコリラ円100円前後でしたが、現在は29.70銭で右肩下がりの通貨です。

 

FXトレーダー 倉田くん
知恵袋を見ると、『30円以下はありえない』という予想組と、『30円を割る』という予想組があり、30円を切ったときに「偉そうに言ってた人、意見をどうぞ!」という不毛なやり取りもありましたが、そんなことをしていても意味がありません・・・

 

明確なサポートラインがないので予想は予想に過ぎず、予想するよりもリスクを考えて投資をした方が建設的思考だと言えます。

 

※2017年4月追記:現在では30円を割り込み29.70前後で推移しています。日足チャートは下降トレンド、サポートラインの29.50を明確に下回るか跳ね返すかが今後の注目ポイントです。

 

トルコリラが下落を続ける理由ってなに?

現在の時点では、トルコリラが買われる理由は高金利通貨だからです。

 

反対に下落を続ける理由は、インフレリスク、トルコのカントリーリスク、財政悪化、アメリカ金利の高止まり(ドルが買われている)と売られる理由の方が多いのです。

 

また、チャートを見てもトルコリラは右肩下がりに落ち続けている通貨なので明確なサポートラインが存在しません。

 

そのため、30円を割った地点がサポートになるのか、このまま落ち続けるのかは誰にもわからないんです。

 

FXトレーダー 倉田くん
しかし、私の経験上、市場が不安を感じてるときこそチャンスです!

みんなが『買えない通貨だ!』と感じたときに買っている人が最後に勝利をつかむことはよくあります!

そのため、リスクを考えて投資を行うことが重要なんですね

 

続いてリアルタイムのトルコリラチャートを確認してください。

 

現在のトルコリラ円チャート(リアルタイム)

デフォルトがユーロドルになっているので、try/jpyに変更してください(アルファベット順)

1Mは1分足を示しているので、1Day(日足)などに直して確認してくださいね。

 

【参考:トルコリラリアルタイムチャートはこちら

 

トルコリラおすすめ投資法

トルコリラのおすすめ投資方法は、【レバレッジを1倍~5倍以内で取引することが重要】です。

 

リスクが高い通貨を長期保有するならレバレッジをかけることほど、リスキーなことはありません。

 

現在のトルコリラの価格は29.65円ですが、例えば30万円投入して、レバレッジ1倍で運用、1日に90円のスワップポイントがもらえ続けると仮定して、1年保有すれば年間32,850円のスワップが獲得できます。

 

FXトレーダー 倉田くん
1万通貨で計算しています!

2枚持てば倍ですし、仮に10万通貨保有すれば32万円のスワップポイントです

 

元金の1割をスワップだけで稼げますし、もしトルコリラの価格が上がればスワップポイントも連動して上がるので、さらに複利を見込めます

※スワップポイントは、通貨価値×8%÷365(1年)でスワップを計算するため

 

リスクを考えた場合も29円が19円まで落ちたとしても、含み損を決済しなければ良いだけなので『果報は寝て待つ』という感覚で放置していても相場変動に気を取られることもないでしょう。

 

FXトレーダー 倉田くん
私は他社でトルコリラのスワップをやっていますが、FXプライムbyGMOに乗り換えるつもりです・・・

しかし、40円買いしたので口座から資金を動せず・・・新たにFXプライスで始めようと真剣に考えています

 

トルコリラは積立FXもおすすめ

スワップトレードをする場合、通貨を保有している期間が金利の受け取り期間になることから、少額を毎月積み立てて外貨を買うことも選択肢に入るのではないでしょうか。

 

FXアドバイザー みゆさん
外貨預金には興味があるけど手数料が高いから、いい方法ないかなぁ』という女性の要望もあり、積立FXを開始している業者さんや、レバレッジ1倍での外貨運用も人気があります

 

詳しくはこちらの記事が参考になりますので、確認してみてくださいね。

外貨預金をするよりSBIFXトレードの『積立FX』がお得な5つの理由

FXレバレッジ1倍で安全取引可能!メリットとリスク徹底検証!

 

トルコリラの今後の見通しは?

一部FXブログや知恵袋などから『トルコリラがなくなるのも時間の問題』『トルコリラが0円になるのも近いうち!』と不安を煽るものがありますが、反対にこのような意見が出ていることはチャンス到来と考えるべきだと私は思っています。

 

トルコリラがユーロに統合される!?

もし、ユーロに統合されればトルコリラは決済されるでしょう。

 

FX会社の多くもトルコリラを強制決済するか、ユーロと等価交換する形で移管されることが想定されます。

 

しかし、ユーロを支えてるドイツやフランスがトルコとの通貨統一を認めるでしょうか?

通貨をユーロに統合するためには審査もあり、インフレ率が〇〇%、経済成長率が〇〇%、GDP成長率などの問題をクリアする必要があります。

 

過去にイギリスがユーロに統合されなかった理由は、ジョージソロスがポンドを売りさばき、イギリスにユーロ加入を諦めさせた経緯があります。

ウィキペディア、ポンド危機:ERM離脱

 

このような事情もあり、ユーロのリーダーとも言えるドイツやフランスが不安定な通貨であるトルコリラをユーロ統合に迎えることは考えにくく(経済が悪化すればドイツ、フランスが経済支援をする必要がある)ユーロ統合は可能性があるとしても、まだまだ先の話だと考えるのが妥当です。

 

トルコリラ経済破綻のリスク?

可能性としてはなくもないですが、タイやフィリピンなど経済破綻した国は必ず復活しています。

人類の歴史上通貨価値が0になったこともありませんし、トルコはヨーロッパと中東、アジアの交通の要ということもあり、ISやシリアの問題が片付けば平常に戻るだろうと考えられます。

 

トルコリラのクーデター等によるリスクは?

 

反社会組織は昔からあります。

  • カンボジアではポルポト(クメール・ルージュ・武装組織)が4年に渡り知識層の虐殺を繰り返しました(メガネをかけている人は知識人だから殺害したと有名な武装団体)
  • 日本でも2.26事件のように軍隊のクーデターも起こっていますが即座に鎮圧されました。

このように悪が栄えたことはありませんし、トルコで起こったクーデターもすぐに鎮圧されているので即座に起こるリスクは低いものと感じます。

 

トルコリラの通貨切り上げの可能性?

通貨切り上げのことは、ジンバブエドルが記憶に新しいではないでしょうか?

 

FXトレーダー 倉田くん
ジンバブエドルのハイパーインフレを知らない人は若者ですよね!

 

2008年以降、白人農園の強制収容が勧められ、外貨不足になったことをきっかけに、ハイパーインフレがはじまりました。

最終的にどうにもならず、3,000兆ジンバブエドル=1円というとんでもないインフレが起こりました。

数字だと、30,000,000,000,000ジンバブエドル=1円

ジンバブエドルのハイパーインフレ

【出典:YouTube】

 

給料日はこんな感じだったんだと思います。

ハイパーインフレは後進国で起きた事件で、トルコはヨーロッパに隣接している国なので、外貨が足りなくなるとか、白人が搾取することもないので、起こりえないでしょう。

 

先日FX会社の親睦会でお会いしたトレーダーの話

FXセミナーの雰囲気

会場の雰囲気はこんな感じでホテルの一室で行われました。

 

FXトレーダー 倉田くん
ビュッフェスタイルで食事も出てお酒もフリーに飲めました

デューカスコピージャパンさん、関係会社のみなさま、ごちそうさまでした

 

セミナーの様子

写真撮影が下手くそで申し訳ありません・・・。

こんな感じでセミナーが開催されました。

 

結構有名なトレーダーさんにお会いしたのでそのときに聞いた話。

 

FXブロガーAさん
私はトルコリラ、売りしかしませんね!

 

FXトレーダー 倉田くん
え?高金利通貨をわざわざ売るんですか??

 

FXブロガーAさん
ええ!底値が見えるまでは売り回転かまします

 

FXトレーダー 倉田くん
スプレッドが広い通貨をわざわざ売るという発想ありませんでしたけど、確かにアリですね!

 

いろいろな考え方があると感じました。

私は、そろそろ底値かと思っているので売りはしませんが戦略としては売りもありありだと思います。

※最終的な投資判断はご自身でお願いします。

 

おすすめトルコリラ運用方法まとめ

  1. ピンチはチャンス!(リスクが怖い人は豪ドルなどの安定通貨を狙う)
  2. レバレッジは最大でも5倍まで!(リスクを考えて1.2倍が良いでしょう)
  3. ISが独立国家として発展することはない(武装集団が栄えることはない)
  4. 長期間運用で利益を出す方法を考える
  5. 売り戦略もある

 

FXトレーダー 倉田くん
かの有名なウォーレンバフェット氏は大暴落のときに優良銘柄を大量買いして今の富を得ています

ピンチはチャンスと考えている代表的な投資家です

 

トルコリラをスワップ運用するならFXプライムbyGMOがおすすめ!

プライム
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(トルコリラ/円)
取引単位 キャッシュバック 通貨ペア数
原則固定0.6銭 86円 1,000通貨 10,000円 18ペア
FXプライムbyGMOが初心者に選ばれている理由は5千円からFXをスタートできる手軽さとサービス力にあります。

ぱっと見テクニカル」はプロの世界でも活用されているチャート分析で、FXプライムbyGMOに口座開設をすれば初心者も無料で利用できます

取引ツールも豊富で、PC、スマホ、携帯に合ったツールで「ぱっと見テクニカル」を利用できますし、キャッシュバックも実施中!

プロの戦略も自分のモノに!オンラインセミナーでは講師に直接質問できるチャンスがあります。レポートや為替ニュースなど情報盛りだくさんです。

fxプライム

 

トルコリラ運用おすすめFX業者とリスクと今後の見通しを私の相場観で説明