トルコリラを実際に8か月保有したら見えてきた不都合な事実


2016/12/22

スワップポイントはどこへ消えた

FXトレーダー 倉田くん
ネタになると思い2016年4月28日からトルコリラを1万通貨だけ保有していました

年末ということもあるので、保有状況とスワップポイントについて私が感じたことをお伝えします。

2016年4月28日に某FX会社に10万円だけ入金してトルコリラを1万通貨だけ保有しています。

 

 

FXトレーダー 倉田くん
はじめ、スワップポイントの報告だけしようとしましたが、内容を精査していくと不都合な真実が見えてきました

その内容を確認してみてください

2016年12月23日にFX会社に質問した内容が回答されました。

併せて確認してみてください。

 

2017年1月27日

腹落ちしないトルコリラの事実の確認が取れたのでまとめ欄に追記しました。

 

スワップ運用についてはこちらの記事も参考になりますよ!

外貨預金をするよりSBIFXトレードの『積立FX』がお得な5つの理由

FXレバレッジ1倍で安全取引可能!メリットとリスク徹底検証!

豪ドルスワップポイント比較!豪ドルで20万稼いだ手法も公開中!

 

スポンサーリンク

トルコリラ円のチャートをご覧ください

トルコリラ円のチャート

少し見にくいですが、チャートは右肩下がりです。

トルコリラ円を買ったときからこの価格帯は想像できたので問題はありません。

トルコリラを実際に運用してネタになれば良いかな?と思っていたレベルなので、基本放置しています。

 

また、今後もカントリーリスクと、サポートラインがないことから下がっていく可能性はまだまだあると考えられます。

32円ラインが明確なサポートになってくれれば良いですが、こちらの思惑を裏切ってくれるのが為替なので期待はしていません。

長期で外貨を保有するならレバレッジを下げて、スワップポイントが上回ってくれることを祈りながら放置するのが正解です

 

トルコリラ/円 価格
2016/4/28 39.475
2016/12/22 33.486
スポット評価 -6.005pips
-59890円

ざっとした内容は、8か月で獲得したスワップポイント19000円、現在の実効レバレッジ5.55倍、口座有効比率450%

 

運用当時にはじめたときは、『トルコリラスワップ115円』とデカデカと広告していたFX会社です。

当時のトルコリラの政策金利は7.5%でした。

気づいてはいけない不都合な真実

1日のスワップポイントが115円で8か月(約240日)保有しているだけでスワップポイントは115×280=32,200円ないと計算が合いません。

 

しかも、トルコは2016年11月に政策金利を7.50⇒8.00%に上げています

各国政策金利一覧

計算が合わないぞ

本来FX会社は顧客の注文をカバー先に流すので、政策金利に見合ったスワップポイントを付与しないと計算が合いません。

金利が上がっているのに、スワップポイントが下がっている不都合な真実・・・。

当時と今のポスターが見つかったので比較してみます

トルコリラのスワップポイント3月

これが2016年3月、当時トルコリラの政策金利が7.5%だったときのものです。

 

2016年11月のもの

現在2016年11月に作られたもの、政策金利は8.0%です。

計算が合わない

 

腑に落ちなかったので、該当のFX会社のお問い合わせ画面から質問してみました。

私が納得できる回答をしてくれれば良いのですが・・・。

FX会社からの回答

FX会社からの回答

要するに、『スワップポイントはこちらで勝手に決めるから従えよ!』という解釈で良いですね。

私の今までのFX経験から言うと、為替レートが乱高下に動くときのスワップポイントは高かったイメージがあります。

つまり、顧客の注文を全てカバー先に注文を流すことをせずに、顧客同士の注文をぶつけて損失が出た分がFX会社の利益となっている?とも考えられます

 

レートで短期金利市場が日々変動することはあるでしょうけど、政策金利が上がっているのに、1日のスワップポイントが下がるのは理屈に合わなくないですか?

最近のレートで言えることは、トルコリラのレートは極端な乱高下があったわけではなく、ゆるやかに下げていたということです。

今までの流れからいうと、相場が乱高下したならトルコリラ金利は金利が上がらなくてもスワップポイントが上がっていくと考えられます。

FXトレーダー 倉田くん
FX会社のヤミの部分に触れた気がします

 

トルコリラのスワップ変動の事実:まとめ

スワップポイントは通貨価値に対してスワップポイントが計算されるということです。

例えばトルコリラ円が7%で50円の場合、50×1万通貨×7%÷365(1日換算)=95円

30円の場合、30×1万通貨×8%÷365(1日換算)=65円

FXトレーダー 倉田くん
つまり、金利が上がっても通貨価値が下がったのでスワップポイントが下がっているということがわかりました

お騒がせしました

 

トルコリラ関連記事は次はこちらが読まれています

トルコリラ運用おすすめFX業者!リラのリスクを徹底検証しよう!

【2017】トルコリラ円|FX会社スワップ比較!買い時は?

 

スポンサーリンク

カテゴリーから次の記事を選ぶ

カテゴリーから記事を選ぶ

トルコリラカテゴリの最新記事

記事一覧 (この部分をクリックすると一覧が表示されます。)