超短期トレード、スキャルピングの考え方と手法まとめ

FXトレーダー 倉田くん
すっかりスカルプケアという言葉が定着したので、スキャルピングと言われると頭皮?と思う人もいるのではないでしょうか?

 

スキャルピングとは、FXトレードで『秒速トレード』を指し薄利(5pips、10pipsを狙う)トレードを繰り返す手法です。

 

語源は頭皮(scalp)を剥ぐという意味で、アメリカンインディアンが戦闘で勝ったときに、敗者の頭皮を薄く剥いだという怖い伝統から来ています。

 

スキャルピングはデイトレードやスイングトレードと違い、トレンドフォローしにくいので難しい投資手法です。

そのため、FX初心者がスキャルピングをやることはおすすめしません!

 

FXトレーダー 倉田くん
ただし、10万円入れて1000通貨で1枚、5pips決済するようなやり方ならOKでしょう

 

簡単なスキャルピング手法を動画で解説しています。

基本の『き』の字になりますが、参考にしてみてくださいね。

動画は記事の一番下に設置していますが、こちらからも進めます。

 

スキャルピングに適した環境やおすすめのテクニカルについて確認していきます。

 

スポンサーリンク

 

1回のトレードは短く!取る値幅は10pips

スキャルピングトレーダーは短期トレードを1日何度も繰り返します。

ここぞという得意パターンを見つけて、エントリーして早ければ数秒から数分の間に決済!

 

どちらかと言うと、FXの中級者から上級者向けのトレード方法で速やかな判断が求められます。

レバレッジを最大でやっている人も多く、常にフルレバレッジ全力の人が多いイメージがあります。

そして、損切りができない人は大損害を被るので計画的なトレードを心がけましょう。

 

 

FXトレーダー 倉田くん
私も上記のツイートに同意します。

しっかり準備をして、勝てるようになってから相場に挑んでくださいね!

 

スキャルピングに必要な5つの要素

スキャルピングに必要な5つの要素とは・

投資は必ず経験がモノを言います。

スキャルピングでは5つの勝つ要素が必要です。

 

  1. コツ
  2. 経験
  3. FXの知識
  4. 反射神経
  5. 条件に合ったFX会社

これがスキャルピングで勝つために必要な条件です。

 

FXトレーダー 倉田くん
はじめに、スキャルピングはFXの最終形態だと思ってください!

FX初心者がスキャルピングからはじめるのはリスクが高すぎると私は思っています!

 

はじめは、スイングトレードや、デイトレードなどでFXトレードの経験を積んだ方が良いですよ!

朗報!|FXで勝てない人必見!勝つヒントと儲け方を動画で解説

 

コツ・経験は取引する以外鍛えようがない

経験の積み方は実際に取引してみる以外方法はありません。

 

通貨ごとのクセや動く値幅、テクニカルでシグナルが出たときの売買のタイミング、これらは人から聞いて覚えるというより、コツと感覚が重要になります。

 

あなたが実際にトレードする通貨のクセを見て、『よく動く時間帯、クセのある時間帯、自信が持てるトレードタイミング』を見つける必要があるのです!

 

始めは1000通貨取引、練習のためSBIFXトレードで1通貨からやってみても良いですね。

 

1通貨ごとにスキャルピングの練習をして1万円分もやれば十分な練習になります!

 

しかし、デモトレードでの練習はおすすめできません。

デモトレは自動売買のバックテストには向いていますが、裁量トレードだとリアルマネーでないので本気具合が変わってきます。

 

また、デモトレと本番のシステムが違うこともあるので、約定力やスリッページなども確認も兼ねて少額資産から実践した方が良いと言えます。

 

FXの知識

スキャルピングの場合は、テクニカル指標の使い方が知識に当たります。

相性の良いテクニカルは後述します。

 

反射神経

5pipsや10pipを狙うスキャトレを行う場合、反射神経も必要な要素です。

スプレッドが狭い会社を選ぶことは当然ですが、ドル円0.3銭はエントリー直後にプラスになることも多いのです。

 

PCも性能が良いもの(最低でもPCメモリ4MB)バック処理で動いているアプリを止めるなどの工夫もしてPCがスムーズに動く環境も整えましょう。

本気でスキャトレする人はメモリ8MB推奨しますが、お金をかけてインフラを整えるより利益が出てからインフラに経費を回しましょう。

PCのクオリティーは目安程度に考えてもらえればOKです。

 

条件に合ったFX会社を使う

  • スプレッドが狭い
  • 約定が滑らない
  • 約定拒否をしない
  • チャートが見やすい

このような会社を選ぶ必要があります。

スキャルピングに相性の良いFX会社を2社紹介します。

 

スキャルピングと相性の良いFX会社1:GMOクリック証券

GMOクリック証券が支持される理由

【引用:GMOクリック証券公式HP】

 

スキャルピングトレーダーに選ばれているFX会社はGMOクリック証券

GMOクリック証券はFX取扱高世界1位でドル円スプレッドが原則0.3銭です。

 

FXトレーダーの4人に1人が利用している信頼度が高いFX業者でプラチナムチャートも使いやすいと人気のFX会社です。

 

こちらの記事でスプレッドとスワップの比較記事を書いていました。

GMOクリック証券のスプレッドとスワップを徹底調査してみました

 

 

口コミも良いものがとても多いです。

 

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ

国内シェアNO1FX会社 GMOクリック証券

 

目からウロコ!デイトレード初心者におすすめFX業者3選!

 


スキャルピングと相性の良いFX会社2:SBIFXトレード

SBIFXトレードの評判、クチコミ

【引用:SBIFXトレード公式HP】

 

SBIFXトレードは後発組のFX業者ですが、SBIグループの資金力をバックにドル円スプレッドは1万通貨以下0.27銭、1万通貨超で0.29銭です。

スプレッド幅、業界最安値!

 

FX業界で唯一1通貨(1ドル)から取引できる会社なので、スキャルピングの練習に向いています。

※キャッシュバック適用で一時的にスプレッドを安くしている会社はあるものの、常に低スプレッドを提供してくれるのはSBIFXトレードだけです。

 

こちらでメリット・デメリットについて詳しい確認もできます。

SBIFXトレードのメリット・デメリット検証!おすすめ5項を解説

 

少額で始めたい方や、はじめは無料でトレードを体感したい方も手軽にスタートできるのが魅力です。

 

無料でFX!SBI FXトレードはお試し(タダ)でFXができる、口座開設はこちらから進めます

スプレッドも狭く少額資産からお試しでFX!SBIFXトレード

 


スキャルピングの手法について

手法はあくまで方法と考えて下さい。

スキャルピングのコツやテクニックと称した商材も多く並んでいますが『手法は方法でしかない』ことを理解しておくことが重要です。

 

こちらの記事でも書きましたが、FXは誰かの成功事例をそのままマネしても勝てないことが多い!

FXのデイトレード 勝ち組に学ぶ取引手法と必勝法とは?

 

手法を検証して、あなたの使いやすい方法にアレンジして、『勝てるようになったら、それがあなたの手法』です

しかも、その手法を人が真似しても同じように勝つこともできません。

 

理由は、相場は生き物と同じで、絶えず呼吸をしているからです。

ずっと円高が続くことはありませんし、ずっと円安が続くこともありません。

 

似た相場が過去にあっても、全く同じではなく環境に応じて動きも変わってきます。

このような違いを察知する力は経験から来るものなので、手法+経験が相場には必ず必要になります。

同じ波は二度と来ない

 

それを踏まえた上で手法を説明していきます。

 

1分足スキャルピング

ポジションを保有する時間が短いので、チャートは1分足を利用します。

一般的に周知されているトレード方法はこのとおりです。

 

  1. 1時間足~6時間足で大きなトレンドを把握
  2. 5分足で小さなトレンドを確認する
  3. エントリーは1分足を利用する

GMOクリック証券のチャート

GMOクリック証券のチャート画面です。

 

ドル円チャートで左上から1分足、5分足、60分足、プレイスボードを表示してあります。

トレンドフォローで考えるなら、チャートの色が全て揃った時点がエントリーポイント!

 

ただし、1分足はトレンドがすぐに変化する傾向があるのでエントリーのタイミングは練習して、あなたの勝てるポイントで取引をしてください。

 

スキャルピングで利用するテクニカル分析

主にボリンジャーバンドやストキャスティクス、RSIを利用して逆張りで考えます。

ボリンジャーバンドの場合、2σに到達した時点で逆張り注文を入れます。

これはボリンジャーバンドの2σ内に収まる確率が95.44%以内に収まる理論からこのように使われています。

ストキャスティクス、RSIは「買われすぎ、売られすぎ」を判断するテクニカル分析です。

 

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドの説明

【引用:外為オンライン

 

ボリンジャーバンドです。

真ん中の移動平均線から上下に3本ずつの線が1σ、2σ、3σ(シグマ)と呼びます。

±1σに収まる確率が68.26%

±2σに収まる確率95.44%

±3σに収まる確率99.73%

このようになることをジョン・ボリンジャー氏によって証明されていて、テクニカルでは2σに到達したら逆売買を行うのがセオリーです。

 

ボリンジャーバンドのメリットとデメリット

FXトレーダー 倉田くん
ボリンジャーバンドは信頼性が高く、私も常に使っている指標の1つです!

 

基本的にバンドウォーク(バンド内にチャートが入る)しますし、3σを超えるような強いトレンドが発生したときは高い確率でバンド内に戻ってきます。

しかし、トレンドが強いとき、バンドがスクイーズ(広がる)して、バンド自体が引っ張られることもあるので、逆張りトレードの決済は早めに行う方が良いです。

 

FXトレーダー 倉田くん
私が逆張りをするときは3σを抜けた場合に逆張りをしています

経験的にこれが一番安心できます

 

 

RSI

オシレーター系テクニカルの説明

【引用:外為オンライン

 

オシレーター系テクニカル指標で、RSIやストキャスティクスが有名です。

見方が簡単なRSIを確認していきます。

 

RSIが70%以上になると買われ過ぎ=売る

RSIが30%以下になれば売られ過ぎ=買う

 

チャートの下に表示されるRSIを確認しながら逆張りトレードを行います。

 

RSIのメリットとデメリット

オシレーター系全般に言えることですが、ボックス相場に強いですが、トレンドが出るとRSIはすぐに振り切れますので役に立たないことが多い。

かつ、短期チャートでは振り切れる現象が多発するので、利用時はテストして、あなたのトレードに合う方法を探す必要があります。

 

テクニカル分析を使うときの注意点

テクニカル分析を利用するときの注意点

テクニカル分析の基本はトレンドを確認するために日足で計測することを目的として作られたものが大半です。

チャートは、1分足でもテクニカル分析を表示することができますが、時間軸が短いチャートはだましが多いという難点もあります。

また、為替の動きは常に一方向ではなく、買いと売りが拮抗してジグザグに動く特性があるので、時間軸が短いと『シグナルが出た!』と同時にだましやシグナルを無視した動きになることがあります。

 

テクニカル分析は未来を知るための道しるべになりますが、100%完璧なものはありません。

 

テクニカル&ファンダメンタルズ&投資経験の組み合わせが為替相場で稼ぐための能力として必要になってきます!

 

エントリーのタイミングは

  • 通貨ごとに違う
  • よく動く時間帯
  • 動き方のクセ

必ずありますので、練習を経て勝てるトレーダーになってくださいね。

 

スキャルピングEAとは?

EA(Expert Advisor、エキスパート・アドバイザー)の略で、自動売買でスキャルピングをする方法です。

MT4(メタトレーダー)に売買のデータを入れてシステムに自動売買させる方法です。

 

無料や有料の情報商材もあり、中には勝てるEAもあるようですが、良い噂はあまり聞きません。

 

EAを否定する気はありませんが、システムを作成するのには膨大な時間と費用がかかります。

しかも、ボランティアで無料ソフトを配布する人がいるのか私は懐疑的になってしまいます。

 

もし、負けた場合に誰のせいにもできないですし、使用する場合はバックテストを実施して自己責任で行ってくださいね。

 

スキャルピングでFX口座が凍結になる可能性

スキャルピングでFX口座が凍結になる原因と理由とは

スキャルピング自体は問題ではないのですが、EAを使ったスキャルピングをするとFX口座が凍結されることがあります。

 

理由はEA売買の中でも、1分に5回・10回の売買を繰り返すシステムは、FX会社のサーバーにかかる負担が膨大で最悪システムダウンになることがあるようです。

 

EA利用が判明した場合、利益が出ていても、損失が出ていても口座凍結の可能性が高いのです。

 

検証した結果の記事はこちらが参考になります。

GMOクリック証券でスキャルピングで口座凍結?GMOに聞いてみた

 

検証した後にGMOクリック証券の社員さんと会う機会があったので改めて確認をしましたが、『スキャルピング自体は全く問題ない』と改めて回答も頂いています。

やはり、EAを使ったスキャルピングは規約に触れるため口座凍結をすることはあるとのことです。

 

GMOクリック証券に限らず、EAを利用した自動売買はプライスレートに負担が大きいので凍結するFX業者は多いだろうというのが私の見解です。

 

簡単なスキャルピング手法を動画で解説

スポンサーリンク

 

トップへ戻る