【朗報】FX投資家の皆様!インヴァスト証券のお陰で夜寝れますよ


新聞より自動売買

円高か・・・円安か・・・」どっちに動くか想像ができず、PCの前に張り付いている・・・・。

トレーダーのみなさんに朗報です!張り付きトレードの時代は終わりを迎えようとしています。

FXをやっている人は、経済新聞を読んで、株の流れも知っていて、コモディティの価格も知っていて、先進国の中央銀行議長の名前を全部暗記している!

これは10年前の典型的なFXトレーダーです。

日経より早く世界のニュースを掴んでいる人が多くいましたが、経済を知っていても必ずしも勝てるとは言えません。

最近の自動売買は進化していて、難しい相場分析や、為替予想したり、イエレン議長の発言まで起きていなくても良くなったんです。

インヴァスト証券のシストレ24は常に進化をしており、初回設定した後はシストレ24が自動売買してくれます。

詳しい内容とこれからのFX投資戦略を考えていきます。

自動売買の時代が到来しています

FXトレーダー 倉田くん
あなたは十分がんばりました。これからはシストレ24の自動売買システムが頑張ります。

ここ最近、会社員トレーダーの比率が6割を超えました。自動売買ブームは右肩上がりでブームになっています。

しかも5年前、10年前に比較するとFXで儲けを出している人の比率が多くなっていることをご存知ですか?

20代の若いFXトレーダーが、為替のことも知らずにFXで稼いでいることに「けしからん!」と思う人もいるでしょう。

今後のFXは、自分が選手としてではなく、システムのマネージャーとして運用を管理する立場になっていきます。

一緒に波に乗っていきましょう。

シストレ24が選ばれる理由1:情報開示が明確

インヴァスト

実際に稼働しているプロが運用中のシステムを利用できます

インヴァスト証券のストラテジー(プログラムランキング)です。

  • ステータス(元気なシステムか?)
  • 期間ごと稼いだ損益
  • 推奨証拠金

など、こまかく表示しています。気に入ったストラテジーを選択するだけで自動売買がスタートできます。

また、インヴァスト証券にメール会員登録をしておくと新しいストラテジーや、勝つためのコツがメールで配信されます。

一押しが「イマコレ」です。現在調子の良いストラテジーがステータスに表示されます。

メールや情報としても全て開示されています。

勝てているストラテジーの多くは「大きく狙わず、大きく損失を出さない」コツコツタイプが調子が良いです。

実際にログインしてみると稼いでいるタイプがすぐにわかると思います。

注意点

FXトレーダー 倉田くん
推奨証拠金は必ず順守してください!シストレ24で「勝てない、勝てない」言う人はこの部分にひっかかってることが多いです

証拠金を10万円でスタートするのに、50万円の推奨証拠金のストラテジーを選んではいけません。

思いもよらずストップロスに引っかかることがあります。

 

はじめてのシステムトレードは不安に感じることもありますよね。インヴァスト証券は、自動売買用のデモトレードも用意されています。

しっかり練習して実際に儲けが出てからFXを開始してもいいかもしれませんね。

選ばれる理由2:システムトレードは精神的な負担がない

自動売買は焦ったりミストレードがない勝ち組と呼ばれるFXトレーダーも楽に勝てている訳ではありません。

取引中は常に緊張状態で、自分の判断が間違っていた場合は即座に損切りをします。

 

伸ばせる利益は伸ばして、間違った取引は損失を確定するというトレードを繰り返して「利大損小」を繰り返して稼いでいきます。

システムトレードは、このようなプロの手法をデータ化して利用できることに旨みがあります。

自動売買ならPC画面を見続ける必要がありませんよ

マーケットを見続ける必要もありません。注文を立てた時点で損失の注文も自動でかかっているので「果報を寝て待つ」仕組みです。

 

ストラテジーが稼働すれば、相場が変動した時点で自動売買を繰り返してくれます。

 

現在の相場に合っているシステムなのかの見極めが大切で、直近で利益を出しているストラテジーを選べるかが勝敗を決めます。

選ばれる理由3:感情に流されないトレードができる!

  • いつでも損小利大の取引に忠実利益が出ていると早く決済したい!
  • 含み損が出るといつまでも損失確定ができない

これはFX初心者のお決まりパターンで「利小損大」の取引につながります。

人間の「損をしたくない」という感情がFXで稼げない状態を作っています。

プロの手法を利用して、感情に流されないトレードを行うことが稼げる第一歩なのです。

確実に稼げることを保証するものではありません

投資に絶対勝てる」はありません。

しかし、トレードの経験値は蓄積された分だけ、負けそうな相場で上手に逃げられます。

チャートなどのテクニカル分析が得意なら、「もう少し稼げそうだから粘ってみよう」という判断もできるでしょう。

このようにFXトレードの経験から利大損小のコツがつかめますが、大抵の人がコツをつかむ前に退場しています。

はじめは裁量(自力)トレードではなく、プロの力を借りる方がうまくいく傾向にあるのです。

自動売買のメリット

FX初心者がプロ並の取引が可能ですFX初心者だとトレード方法がよくわからないことが多いですよね。

全く初めてのFX初心者がいきなりトレードを開始するのはハイリスクです。

FX初心者の裁量トレードは8~9割前後の人が負けていると想定されています。

  • 上がると思って買ったら、ポジションを取ったら下がり始めた
  • 下がると思って売ったら、ドンドン上がって損切りをした途端に下がり始めた

このパターンで為替相場から退場するトレーダーが多いのです。

そうならないためにも、最初のトレードはプロの手法を無料で利用できる自動売買がおすすめです。

上手に負けてくれるので、損失は小さく、儲けはコンスタントにコツコツと出してくれます。

自動売買のトレード方法をチェックするだけでもトレードの良い勉強になります。

自動売買のデメリット

自動売買は証拠金に合った取引を行う。焦りは禁物証拠金を少なく自動売買を開始すると簡単にストップにひっかかります。

ストラテジーが発動するストップで損切りをするのはOKですが、証拠金不足により予定外のストップにかかることがあります。

インヴァスト証券のストラテジーは推奨証拠金の記載があるので自分の証拠金以下のものを選んでください。

勝ちを急ぐトレード方法は負けます」焦った精神状態では良いトレードはできません。

稼いでいるストラテジーを選ぶクセをつけましょう。

システムの入れ替えは必要

FXトレーダー 倉田くん
自動売買と言っても完全放置は危険です。成果の確認とダメな選手がいる場合は入れ替えてください

シストレ24には、短期のシステムもあります。稼働期間が短いシステムはバックテストがしっかりできていないこともあるので、できるだけ長期稼働している、現在調子の良いシステムを選ぶことが勝てるコツです。

 

⇒2016年11月6日追記:インヴァスト証券からシステム入れ替え不要のフルオートがリリースされました。

🔗【保存版】とにかくヤバすぎ!フルオート攻略で勝つ投資家の道へ!

 

裁量トレードの実力で勝てるときだけやれば良い!

FXトレーダー 倉田くん
絶対に勝てる!という相場だけ裁量トレードして、基本はシステムに任せるハイブリッドな選択肢もありですよね

ユーロ離脱など、誰がどう見ても下がる相場でも、買いポジションを持っているだけで冷静な判断ができなくなるものです。

自動売買なら問答無用に損切りしますし、ポジションがスクウェアになったあなたなら、確実に売っていた相場です。

6/24、イギリスのユーロ離脱でポンド円は20円下がりましたが、全力売りで5千万円稼いだ人や、全財産を失った人もいたようです。

誰がどう見ても下がる相場でも「損切りできない」ことが損失を大きく膨らませます。有事に戦えるためにも、ハイブリッドな投資戦略が今後必要になりますよね。

自動売買の基本的な運用方法 1時間39分の動画

自動売買で初心者がプロになれる!「インヴァスト証券」

インヴァスト証券
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
取引単位 キャッシュバック 通貨ペア数 詳 細
変動制 20円 1,000通貨 10,000円 26ペア インヴァスト証券シストレ24
インヴァスト証券が提供する自動売買システムは売買プログラムを選んでボタンを押すだけの簡単操作。

プログラムの数は業界最多の500種類以上!

FXを知らなくてもプロのようにFXができます。

FXの知識がなくてもプログラムさえ選んでしまえば、後はシステムが自動的に売買を繰り返してくれます。

インヴァスト証券は売買システムごとの過去の利益(pips)と収益率が見れるので利益が出ているシステムを選ぶことができます。

楽してFXをしたいならインヴァスト証券は必ず持っておきたい口座の一つです。

シストレ24

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
外為オンライン誘導 GMOクリック証券誘導 アイネット証券 M2J誘導
※参考になった記事に「いいね」してもらえると励みになります。

カテゴリーから次の記事を選ぶ

カテゴリーから記事を選ぶ

FX自動売買カテゴリの最新記事

インヴァスト証券特集カテゴリの最新記事

攻略法カテゴリの最新記事

記事一覧 (この部分をクリックすると一覧が表示されます。)