FXのレバレッジとは?

レバレッジ(leverage)とは直訳でテコの原理という意味です。FXでは、個人トレードの場合手元資金の最大25倍までの取引を行うことができ、これをレバレッジ効果と呼びます。

 

法人取引のように、専業トレーダーには最大50倍を提供しているFX会社もありますが、個人投資家は最大25倍までのレバレッジと法律で制限されています。

 

レバレッジを正しく理解することで勝率は格段に上がり、FXを行う上で確実に抑えておきたいポイントなので、くわしく確認していきます。

 

こちらのマンガでレバレッジの説明もしています。こちらも併せて確認してみてくださいね。

FX会社のスプレッドランキングはこちらの記事で詳しく説明しています。

 

スポンサーリンク

レバレッジでリターンもリスクも25倍になる

レバレッジの説明10万円を証拠金として預け入れて、250万円分の取引を行うイメージです。250万円分のトレードを行い、利益のやり取りは250万円分のやり取りをするということです。

 

利益や損失も最大25倍のレバレッジの影響を受けるので、用法、用量を守って利用する必要があります。ドラゴンボールを観ていた世代に分かりやすいのですが、レバレッジとは界王拳のようなものです。FXは界王拳25倍まで利用できるのです。

 

実際のトレードで考えてみましょう

レバレッジ実際のトレードでレバレッジの利用方法を確認します。ドル円を1万通貨買うとして、1ドル100円と想定しましょう。

 

1万ドル買うと実際には100万円必要ですよね。25倍のレバレッジを利用できますので、100万円÷25=4万、FXでは証拠金4万円あれば100万円分のトレードが可能です。

 

つまり、手元には4万円しかないのに、まるで100万円あるかのように取引できるのがレバレッジ効果です。

 

1ドル100円が為替変動により101円になったとします。1円×1万通貨で1万円の利益となり、この時点で決済すれば、証拠金4万円は戻ってきて、1万円分の利益が自分の口座に入金されます。

 

もし、5万円を預け入れてFXをはじめていたら、今回の取引で口座残高が6万円になったということです。このようなトレードを繰り返して資金を殖やしていくのがFXで、レバレッジ効果があり5万円からスタートできるのです。

 

例えば、レバレッジを効かせない場合は、同じように1ドルが100円から101円に価格が上がった場合、100万円投入して1万円の利益を得たということになります。

 

つまり、レバレッジ効果により25倍の利益のやり取りができるということです!

スポンサーリンク

 

FXはレバレッジ効果で少額資産で参入可能!

FXは最小4千円からスタートできる

FXはテコの原理により少額資金での参入が可能になりました。株なども分割などにより参入しやすくなりましたが、やはり少額資産から始めると利益も少額です。

 

しかしFXはレバレッジの恩恵で、5万円前後から開始している人も多く、簡単にスタートできるため人気の投資なんです。サラリーマンやOL、主婦も空いた時間にスマートフォンでトレードできる環境が整い、毎月5万円、10万円と副収入を得ている人も多くいます。

 

主婦トレーダーが、毎月コンスタントに稼げているのもFXの魅力の1つです。為替レートの変動もあるので、証拠金は最低でも1万円は入れておきたいところですが、少額からFXをはじめる場合リスクもあるので、できるだけ10万円単位からはじめた方が余計なロスカットに合わなくなります。

 

取引業者によってはレバレッジを指定できない場合もある

レバレッジ計算レバレッジは高く設定できるに越したことはありません。証拠金維持率と呼ばれる比率があり、維持率が高ければ高いほど、ロスカットと呼ばれる強制決済される確率は下がるからです。

 

FX業者によっては、レバレッジを指定できる会社と、自動計算される会社の2種類あります。自動計算の場合、証拠金1万ドルに対して、金額を設定してあるケースが多く、例えば米ドル円1万通貨は証拠金44,000円とはじめから決まっています。

 

そのためレバレッジ計算は、預け入れている証拠金とポジション所有率から自動で計算され、レバレッジを自動で決められているケースが多く、自分で設定できません。証拠金を多く預けていれば全く問題はありませんが、自分の予想と反対に相場が動くことがあります。このようなケースに対応するために、ある程度の余裕は必要なんです。

 

参考までに、私は最低でも1万通貨に対して10万円証拠金は入れています。このやり方で一度もロスカットになったことはありません

 

FX投資家 倉田FX投資家 倉田

自分から損切りすることはありますけどね!

 

レバレッジを世間は勘違いしている!?

レバレッジを最初は2倍~3倍に抑えた方が良いという情報が流れています。これは誤った情報と言うより、説明不足です。レバレッジは高いに越したことがなく、気を付けるべきはポジションと呼ばれるlot数です。

 

「レバレッジ倍率が高い=危険」これは認識間違い

FXで1万ドル買った場合で、為替レートが100円から101円に上昇した場合で検証しましょう。100万円で1万通貨買っている場合でも、5万円預けて25倍でドルを買っていても、同じ1万ドルの売買なら利益は同じなのはわかりますよね?

 

レバレッジの大きさは、少ない証拠金でポジションを持てる。これだけの話なんです。注意すべきは100万円を預け入れていて25万通貨所有するようなケースで所有できるだけ、フルに保有することが危ないのです。

 

25万通貨所有していれば、ドル円が101円になれば25万円の利益が出ます。しかし証拠金と口座維持率が一致しているので、1銭でも逆に動けばロスカットになるというリスクがあるのです。

 

この危険性に対して「レバレッジを低くしなさい」と説明している教科書が多くあります。しかし少し説明不足であって、このように資金ギリギリまでポジションを保有することが、危険だということを理解する必要があります。

 

初めは少額でトレードを開始しましょう

はじめは少額からスタートしましょう

証拠金の預け入れ金額は人それぞれで、1,000万円や100万円預け入れる人もいれば5万円の人もいます。元金に対して利益は殖えて行きますが、FX初心者は稼ぐより経験することを第一に考える方が勝利の近道です。

 

FXはレバレッジ効果によりポジションを多く所有できますが、証拠金維持率が低い状態になるとロスカットの可能性が高まり退場になる危険性が高まります。初心者であれば、1/10の1,000通貨からの取引がオススメです。

 

利益も100円~1,000円程度になりますが、その分リスクも少なく、取引に慣れてからポジション数を上げていくのが正しい方法です。FX専業トレーダーでも無敗の人はいないですし、大成している人は小さな負けからリスクをコントロールする方法を知っています

 

相場で生き残っていれば確実に勝てる投資家になります。急いだ投資はギャンブルとなり、ギャンブルFXでは必ず退場を余儀なくされます

 

ここ最近FXでリスクを下げて安全に取引をしたいというニーズが高まり、レバレッジ1倍FXが人気を集めています。

 

レバレッジはこちらの記事が参考になりますよ。

FXのレバレッジ1倍|メリットとリスク徹底検証!おすすめ会社は?

FX初心者はレバレッジ何倍が適正?|海外業者は1,000倍!?

レバレッジを5秒で計算できる|レバレッジ計算機

 

スポンサーリンク