くりっく365と店頭取引の違いを比較

東京金融取引所によって開設されたFXの公的市場が「くりっく365」呼ばれています。くりっく365以外の取引は店頭取引と呼ばれFX会社と直接取引をしています。

 

正規取引所なので人気のあるくりっく365ですが、実際はどのように店頭取引と違うのでしょうか?本当に得なのか?店頭取引と比較していきます!

 

スポンサーリンク

 

くりっく365とは?

くりっく365は、証券取引所のように実在する取引所はありません。くりっく365で直接口座開設をすることもできないので、取引所取引に参加しているFX会社で口座開設して取引することで、くりっく365で取引していることになります。

 

レート、スプレッド、スワップはくりっく365が提示したものを利用しているので、コスト等は全社同じ条件になる特徴があります。

 

FX投資家 倉田FX投資家 倉田

くりっく365に参加しているFX会社は以下のとおりです

クリック365参加業者1

くりっく365参加業者2

50音順

くりっく365に参加しているFX業者は上記のとおりです。実際にくりっく365で取引をするメリットはあるのか比較していきましょう。

 

どこの会社で口座開設しても同じようにくりっく365口座を利用できますが、システムの強さや操作性などは参加業者のインフラを利用しますので、FX業界に精通した業者を選んだ方が良いです。

外為オンラインGMOクリック証券が認知度が高く、利用しているトレーダーも多い業者なので使いやすいですよ。

 

くりっく365の税率によるメリットはなくなった

FX投資家 倉田FX投資家 倉田

私がFXをはじめた頃は、くりっく365は店頭取引に比べて税率が安く優遇されていました

これが、2012年1月より税率負け越した場合3年間の繰り越しも全て同一水準になりました

2017年現在のFXの税金に関する取り決めはこのようになっています。

  くりっく365 店頭FX 判定
FX利益の課税利率 20% 20% 同一
内訳 所得税15% 住民税5% 復興特別所得税2.1% 所得税15% 住民税5% 復興特別所得税2.1% 同一
平成23年~49年まで復興税を含めたFX税額 20.315% 20.315% 同一
損失繰越期間 最大3年間 最大3年間 同一
所得の種類 雑所得 雑所得 同一

つまり、税率や損益通算、損失繰越など、くりっく365と店頭取引と同じになっているので取引所のメリットはなく、税率を比較しても条件は同じなんです・・・。

 

スポンサーリンク

確定申告の条件を確認してみましょう

FXで1年間に稼いだ金額に応じて確定申告が必要です。少しややこしい話になるんですが、投資でと税金は切っても切れない関係になります。

 

ここでは簡単に確定申告が必要な金額を簡単に説明しておきましょう。

確定申告が必要な金額

収入がある人は、FXで20万円を超える収入を得た時点で確定申告が必要で、収入がない人は38万円以上で確定申告が必要となります。

 

金額が違うのは、税務上の控除(収入がこれだけあったら税金収めてくださいね)が違うので、このようになっています。両者を比較しても課税される金額に違いはありません。

 

確定申告や税金、確定申告の書き方についてはこちらの記事を参考にしてください。

【参考:FX税金|簡単!FX確定申告書の書き方と攻略ガイド 

 

くりっく365と店頭FXのスプレッドはどちらが有利?

くりっく365のスプレッド

 

FX投資家 倉田FX投資家 倉田

スプレッドはくりっく365の方が断然不利です・・・

店頭FXと違いくりっく365はBid Askで表示されず、買い気配、売り気配で表示されスプレッドは変動制です

くりっく365と店頭取引3社との比較

FX会社 ドル円 ポンド円 豪ドル円 判定
クリック365 0.51~0.70銭 2.27~3.00銭 1.26~2.00銭 ×
マネックスFX 原則0.2銭固定 原則1.3銭固定 原則0.5銭固定
GMOクリック証券 原則0.3銭固定 原則1.1銭固定 原則0.7銭固定
SBIFX 原則0.27銭固定 原則1.19銭固定 原則0.77銭固定

※社名のバナーをクリックすると、口座開設画面へ遷移できます。

 

FX投資家 倉田FX投資家 倉田

くりっく365より店頭FXはがんばっていますね そのためくりっく365はデイトレードやスキャルピングに向きません

確定申告の際、FXの手数料は経費として認められますが、スプレッドは手数料と認められません。くりっく365にする場合、よく検討する必要がありますね。

 

スプレッドが0.3銭違うだけで利益が大きく変わる事実を知っていますか?1日に10枚トレードする人は年間18万円も損する計算になるんです。詳しくはこちらの記事に書いたことがあるので、記事中盤の、『どうしてFXトレーダーは低スプレッドにこだわるのか?』を参考にしてください。

【参考:スプレッドの違いによる利益の増減について

 

くりっく365と店頭FX|スワップを比較

FXのスワップって金利どれくらい?&スワップポイントの裏技! スワップポイントの詳しい説明がわかりやすいですよ。

 

くりっく365のスワップはスプレッド同様カバー先から提示されているものを採用しているので、変動しています。2017年5月分のスワップ金額で比較しました。

 

くりっく365と店頭取引3社との比較 1日当たりの平均金額

FX会社 豪ドル円 NZ円 トルコリラ円 判定
クリック365 37円 39円 83円 判定〇
FXプライム 36円 36円 91円 判定〇
GMOクリック証券 41円 41円 取扱なし 判定〇
マネックスFX 42円 39円 取扱なし 判定〇

※スワップポイント判定日は2017年5月1日で測定

 

FX投資家 倉田FX投資家 倉田

スワップポイントは、くりっく365も大きく健闘していますね

私の想像よりスワップポイントは高かったです!

ただ、欲を言うなら、FXプライムbyGMOはトルコリラスワップで優秀ですし、GMOクリック証券、マネックスFXはスプレッドも狭いのでトータルで考えると店頭FXに軍配は上がると私は考えています!

くりっく365も全額信託保全を実施

くりっく365の保全信託

【引用:くりっく365公式HPより

 

委託された証拠金は、全て金融取に預けているので万が一くりっく365が破綻することがあっても全額資産は戻ってきますという説明です。

 

店頭取引も同様の信託保全を採用している

アイネット証券の信託保全

【引用:アイネット証券の信託保全

 

FX投資家 倉田FX投資家 倉田

FX会社の信託保全はすでに常識になっていて、信託保全をしていない会社を探す方が難しいです

つまり、くりっく365でも店頭取引も信託保全についても全く同じ条件なので安心ですね!

有利な点がない!でもくりっく365が人気の理由

 

FX投資家 倉田FX投資家 倉田

くりっく365は公式取引所という安心感で選ばれています

一部取引手数料のかかるFX業者もあり、スプレッドも不利な点から FXに慣れているトレーダーはくりっく365を選びませんね・・・

  • 税金面
  • 負け越した分の3年繰り越し控除
  • スプレッド
  • スワップ
  • 信託保全
  • 取引手数料等の費用

くりっく365が有利な時代は以前の話です。現在は、店頭取引の努力により差は埋まり、スワップ、スプレッドに関しては、くりっく365より有利なものを提供しています。

 

ですので、「わざわざ、くりっく365で取引をするメリットを感じない」と言うのが私の率直な意見ですが、市場はそう感じていないようです。

 

くりっく365と店頭取引の取引数を比較

FX会社 口座数
くりっく365 65万口座
DMMFX 50万口座
外為オンライン 45万口座
GMOクリック証券 31万口座
マネーパートナーズ 29万口座
SBIFXトレード 10万口座

 

FX投資家 倉田FX投資家 倉田

このように、くりっく365の口座数が国内口座で1位という結果になっています

つまり、FX初心者はコスト面やツール面よりも、公式取引所というブランド力を重視しているという結果になります

そして、くりっく365を使うなら外為オンラインがおすすめです

  1. FX初心者に一番選ばれている会社
  2. くりっく365のデータ以外にiサイクル注文(自動売買)ツールも利用できる
  3. FX情報が充実している

 

くりっく365を利用するなら少しでも条件の良い会社を選ぶべきです!くりっく365の口座開設はこちらから進めます。

 

くりっく365

 

くりっく365のメリットまとめ

  くりっく365 店頭取引 判定
税率 20.315% 20.315% 引き分け
損失繰越 3年間 3年間 引き分け
確定申告基準 給与所得者20万円超
学生・専業主婦38万円超
給与所得者20万円超
学生・専業主婦38万円超
引き分け
スプレッド 買い気配、売り気配の変動制 固定スプレッドを採用している会社がほとんど 店頭取引有利
スワップ マーケットから提示されたもの 若干有利 引き分け
信託保全 金融取 銀行・信託銀行に信託保全 引き分け

くりっく365と店頭取引の比較で、くりっく365が有利なものは見つかりませんでした。

スプレッドやスワップについては、店頭取引の方が優遇されていますね。

 

関連動画

 

スポンサーリンク