くりっく365のメリットは?税金の優遇はあるの?

くりっく365が発足した当時は税金の優遇がありました。

 

当時、損失の繰り越し可能なのはくりっく365だけでしたし、公的取引所のメリットは多かったように思います。

 

しかし、2012年1月に、両者の税率は同一になり、損失を出した場合の3年間繰り越し制度も両者利用できるようになり、公的取引所のメリット自体はなくなりました。

 

FXの税金に関する取り決めはこのようになっています。

 くりっく365店頭FX判定
FX利益の課税利率20%20%同一
内訳所得税15% 住民税5% 復興特別所得税2.1%所得税15% 住民税5% 復興特別所得税2.1%同一
平成23年~49年まで復興税を含めたFX税額20.315%20.315%同一
損失繰越期間最大3年間最大3年間同一
所得の種類雑所得雑所得同一

つまり、税率や損益通算、損失繰越など、くりっく365と店頭取引と同じになっているので取引所のメリットはなく、税率を比較しても条件は同じなんです。

【参考:くりっく365と店頭FXの違いは?

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

日本国内で許可されていない海外のFX会社を利用した場合の税率だけは別問題です。クレジットカードのショッピング枠で証拠金を追加できるため、一部の人から支持を集めているようですが、非正規業者の場合、儲けた分の税金は雑所得の総合課税になります(稼げば稼ぐほど税金が高くなる仕組みで最大で50%の税金)。安易に無許可業者を利用するのはやめましょう!

 

海外の無許可業者を利用する場合、信託保全されていないケースも多く、業者が破綻した場合、あなたの大切な資産が戻ってこないこともあります。

 

出金に応じてくれない業者がいたり、連絡がつかなくなったり業者もいるようで、今でも毎月のようにトラブルが発生しています。

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

全ての海外FX業者が悪い訳ではなく、しっかりした業者も中にはいます。しかし、リスクがある以上、避けて通ることがリスク回避だと私は考えています。

 

 

くりっく365の最大のメリットはスワップポイントの高さ

くりっく365の最大のメリットはスワップポイント

 

日本で個人投資家向けのFXがはじまったのは1998年(平成10年)でした。現在のような優良FX業者だけでなく、悪徳業者や、顧客の資産を預かって破産した業者がいたことも事実です。

 

くりっく365は個人投資家の資産を守るため、クリーンな為替取引を目指し、2005年(平成17年)公正取引所としてスタートしました。

 

くりっく365発足当時は税制の優遇がありましたが、現在は税率も一本化され、くりっく365の最大のメリットはスワップポイントの高さにあります。くりっく365と店頭取引の違いはくりっく365はメリットがあるの?店頭取引との違いを徹底検証!も併せて確認してみてくださいね。

 

また、2017年10月にメキシコペソも上場され、くりっく365は高金利通貨取引がさらに活発化されています。

【参考:高金利通貨メキシコペソをFXで取引!くりっく365がおすすめ!

 

くりっく365と店頭取引のスワップポイントの傾向

スワップポイントの傾向

同じ通貨を取引しても、くりっく365やFX会社ごとに金利が変わってきます。カバー先の違いや、FX会社の指針によりスワップポイントが変わることは事実なんです。

 

店頭FXもスワップポイントに力を入れている会社はたくさんあります。

 

店頭FXの傾向として、一時スワップポイントを高く設定していても、後になって下がってくることが多いんです。

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

例えば、一部のFX会社で、トルコリラが人気のときに1日のスワップポイントを100円としていた業者が、現在では50円になっている会社もあるくらいです・・・ 実際に付与されるスワップポイントは提示されていますし、将来の金利を約束するわけではないので、違法ではないんですが・・・

 

スワップ取引をする場合、長期間寝かせるので、金利は高い方が有利ですし、スタートした当初スワップポイントが100円だったら期待してしまいますよね。

 

常にスワップポイントは変化するものなので、常にスワップポイントが高い会社で取引することが重要になってきます。

 

くりっく365は、参加業者のどこで利用しようとも、スワップポイント、スプレッドが同一になります。そして、くりっく365はスワップポイントを高く設定しているので、金利運用には欠かせない取引口座なんです。

 

スワップポイントの件についてはこちらの記事も参考になります。

【参考:FXのスワップポイントって何?初心者にもわかりやすく解説します!

 

 

くりっく365の取引時間は?

くりっく365の取引時間は少し変わっています。

 

対円通貨(クロス円)とクロスカレンシー(ドルストレート)で取引時間が変わります。

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

くりっく365では、対円通貨とクロスカレンシーという言い方をするので覚えておきましょう。

くりっく365の取引可能時間

 曜日対円通貨クロスカレンシー
米国標準時間月曜日午前7:10~翌午前6:55午前7:10~翌午前6:25
火曜~木曜午前7:55~翌午前6:55午前7:55~翌午前6:25
金曜日午前7:55~翌午前6:00午前7:55~翌5:30
米国夏時間月曜日午前7:10~翌午前5:55午前7:10~翌午前5:25
火曜~木曜午前6:55~翌午前5:55午前6:55~翌午前5:25
金曜日午前6:55~翌午前5:55午前6:55~翌午前4:30

日本では馴染みのないサマータイムですが、アメリカは夏時間の習慣があります。サマータイムは1年のうち、太陽が出ている時間帯を有効に利用することが目的で、標準時間を1時間進める制度です。ヨーロッパや北アメリカを中心にこの制度が実施されています。

 

海外が時間を動かしても、日本の時差は変わらないことから、標準時間と夏時間で取引可能時間が変わってきます。また、クロスカレンシー(ドルストレード、例えばドルポンドとか豪ドルドル)は、対円通貨(クロス円、ドル円やポンド円などの円を含む取引)より30分早く取引が終了します。

 

くりっく365は初心者セミナーが豊富!

くりっく365はセミナーが豊富

くりっく365は投資初心者向けセミナー、戦略的セミナーが豊富に揃っています。東京金融取引所(金融取)が開催するセミナー、FX業者が開催するセミナー、が別々にあるので、あなたが学びたいスキルのセミナーを選択できます。

 

くりっく365業者は、顧客の取引額に応じて、金融取からキャッシュバックされるのが利益になります。そのため、トレーダーには利益を出し続けて欲しいんです。そのため、セミナー講師陣にはFP、元インターバンクトレーダー、ファンダメンタリストなど豪華な顔ぶれが揃っています。

 

セミナーは全て無料で受講できます。これを機会にFXの知識を吸収していきましょう。