銀行が豪ドルを勧めてくる理由

銀行でオーストラリアドル運用や、オーストラリア債を勧められたという経験はありませんか?

 

『銀行が豪ドルを勧めてくる理由は?』という質問が知恵袋などに多く投稿されていますが『銀行は手数料収入だから』という内容で終了していましたので詳しい理由を確認していきます!

 

そして、勧められる理由がわかれば、豪ドルが儲かる理由も見えてきます。

 

今回は、オーストラリアドルで儲けを出す方法についてもチェックしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

豪ドルは通貨価値が安定!銀行はまとめて大きく買いたい!

 

豪ドルの価値は安定している

オーストラリアは資源国で経済も安定していて、通貨の変動率が低いことで有名なんで、極端な値崩れを起こすことがありません。

 

為替変動のリスクが少ないので機関投資家(銀行)は大量の豪ドル買いを進めています。

 

しかし、オーストラリアの政策金利は1.75%~2%、1.5%です。

 

普通に考えれば、トルコが8.0%、南アフリカが7%、こちらの通貨で運用した方がリターンは大きいように感じますよね?

 

しかし、リスクを嫌がる機関投資家からすれば、収益が下がるよりリスクが低い豪ドルが投資先の材料となるので、銀行からすれば1.5%の金利でも、大量に買うことで収益を得られます。

 

もう少しわかりやすく例で説明すると、1.5%の運用を見込めるものを機関投資家が大量に買って、あなたに0.5%の運用益の商品として売り、銀行はリスクを取ることなく1%の利益を確保するという理屈です。

 

仮に10億のファンドを作れば、1%の収益でも銀行は1,000万円の利益を毎月得られます。放置しておいても年間1億超の利益となり、ファンドや外貨預金には満期の概念があるので、あなたは2.3年お金を引き出すことをしないでしょう・・・そうすると銀行は豪ドルを買うだけで3億円の利益が得られると・・・簡単に言ってしまうとこんなイメージです。

 

FXトレーダー 倉田くん
慣用句では『坊主丸儲け』なんて昔の言葉がありますが、今のお坊さんは儲からないようで・・・

現代の慣用句に直すなら銀行丸儲けですよね

銀行は、人のお金を合法的に又貸しして利益を生むます 自分たちで何も生産しません(笑)

 

これが銀行がオーストラリアドルを勧めてくる理由です。

 

通貨や債権、ファンドなど形を変えて豪ドルを購入し、市場に売りさばき、利益の大半を銀行が持っていくというビジネススタイルです。

 

ちなみに、現在の政策金利一覧はこちらの記事で確認頂けます※リアルタイム更新

各国政策金利一覧

 

豪ドルはファンダメンタルズ(経済情報)も入りやすい環境なので安心できる

オーストラリアは経済情報がしっかり確認できるので安心

高金利通貨は比較的、後進国に多い傾向にありますが、オーストラリアは資源や移民も豊富な国で経済指標もリアルタイムに入ってくることから機関投資家も安心して買っています。

 

運用資産も大きいことから、リスクが小さく金利が得られる豪ドルは打ってつけの投資材料なんですね。

 

コアラ債、コアラファンド、カンガルー債など、オーストラリア外債の証券が多く販売されていますが、機関投資家は買えるだけ買って、リスク分散のため個人に販売しているんです。

 

オーストラリアドルが値崩れしない証拠はこちらのチャートをご覧ください

豪ドル円10年超
※クリックすると拡大します

 

20年分の豪ドル円のチャートです。チャートから見えてくることは、大暴落でも54.97円、高値で100円。豪ドルの平均価格は75円~80円前後で20年以上推移しているんです。

 

サブプライムショックは記憶に新しいと思いますが、世界同時株安で豪ドルも打撃を受けましたが、いち早く立ち直ったのもオーストラリアドルでした。

 

値崩れしても落ち幅も少なく、安定した通貨であることを世界に見せつけました。

  • 経済が安定している
  • オーストラリア連邦は安定した民主主義国家で資源あり、人口増加と経済は安定している
  • 機関投資家も安心して巨額の資産を投入している

 

このようなオーストラリアドル買いの好循環が出来上がっていて、大暴落が起きた後でも、真っ先に買われている通貨なんです!

 

スポンサーリンク

 

豪ドルを銀行で買うくらいなら自分で運用するという考え方

運用益はどれがい地番良いのか比較しましょう

FXトレーダー 倉田くん
私も投資歴は長いですが、銀行で金融商品を買っているのは確定拠出年金くらいなもので、銀行が運用している商品や外貨預金はやったことがありません

理由は自分でやった方が儲けられることを知っているからです

 

とは言え、日本人はまだまだ投資を積極的に考える方も少ない国で、国内の普通預金が0.002%にも関わらず普通預金に預け入れをしている人が多く、そこに目をつけて銀行が『普通預金するのはもったいないですよ!』という営業をかけてくるんですが・・・

 

銀行に運用してもらうと、それこそ『何の手数料?』と思えるくらいの謎の手数料が引かれます。

 

豪ドルの手数料

FXで運用すれば利益は全てあなたのもの!

FXならおすすめです

 

10万円を1年間運用した場合で考えます。

 

  • 日本の普通預金・・・年間2円
  • 日本の定期預金・・・年間5円
  • 外貨預金・・・年間700円
  • 短期債やファンド・・・3,000円
  • FX・・・10,800円

2017年1月現在、10万円の運用を1か月したときの収益を単純に計算をしました。

 

FXトレーダー 倉田くん
実際に私が取引している内容と実績はこちらの記事に詳しく書いています!

豪ドルスワップポイント比較!豪ドルで20万稼いだ手法も公開中!

 

FXを中心に考える

どうしてこんなにちがうんだろう。どう考えてもFXが得よね

銀行の外貨預金やファンドは手数料を取られるので、儲けが少なくなります。外貨預金もFXも利用している為替レートは同じものなので、同じだけのリスクがあります。

 

しかもFXはレバレッジで25倍までの取引をすることが可能です。レバレッジの説明はこちらで説明しています

 

しかし、レバレッジ(倍率)を上げないことでリスクを抑えられます。倍率が1倍なら外貨預金やファンドと同じだけのリスクです。

 

しかもFXは、最少で2万前後からでも運用できます。しかし、リスクを考えると最低でも10万円前後の資金は欲しいですね。

※もちろん元金が多ければ多いに越したことはありません。

 

積立式!安全なFXが始まっています!

 

積立FXは1ドルから積立ができる

外貨預金をするよりSBIFXトレードの『積立FX』がお得な5つの理由

 

こちらの記事で詳しい説明をしていますが、毎月1,000円から外貨預金のように積立ができるサービスが始まっています。

 

レバレッジのリスクもなく、毎月少額から積み立てていけるので安心して外国の金利の金利を獲得できます。

 

FXトレーダー 倉田くん
私もはじめる予定です!

長期運用になりますが、結果はブログ記事から更新していきますね

 

スポンサーリンク

 

少額の資金で最大の金利を得ましょう

オーストラリアドルを長期運用を考えているならFXが断然お得なんです。

 

理由は中間に銀行や証券会社が入らないため、余計な手数料の支払いがありません。

 

とは言え、自分で資金管理をする必要があるので、1週間に一度、1か月に一度は口座を確認することをおすすめします。

 

私も2016年4月からトルコリラをスワップ運用していますが、1か月に1度口座確認するくらいです。10万円だけ入れて、1万通貨だけ保有していますが、のろのろとスワップはついています。

 

今、確認したところ、スワップポイントで16,000円前後でした。基本は放置しています。

 

長期運用ならFXがおすすめ!

あなた自身が口座を管理する必要はありますが、本気で運用するならFXがおすすめです

長期運用を考えているなら預け入れる予定の金額をFX会社に預け入れて、オーストラリアドルを買って放置しておけば良いですよね。

 

10万円ごとに1万通貨という感覚を持っていれば、大抵の場合問題はありませんし、含み損が発生しても利益を確定させなければ良いだけの話です。

 

5年、10年と長いスパンで運用を考えているなら、複利で圧倒的な金利の差が生まれます

金利運用をするならFXが断然お得です。

 

この機会にFXでのスワップ運用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

スワップ比較表【1日当たりのスワップポイントはこの通り】

FX会社豪ドルNZドル南アフリカランドトルコリラ公式サイト
マネックスFX42円39円12円-マネックスFX
外為オンライン誘導15円15円5円-gaitameonline
GMOクリック証券35円37円15円101円gmoclick
インヴァスト誘導35円38円10円-インヴァスト証券
SBIFX35円39円15円77円sbifx
m2j16円17円6円61円m2j
FXプライム30円31円12円86円fxprime
みんなのFX26円30円10円-minna-no-fx
アイネット証券30円35円14円-inet
ひまわり証券15円20円5円-himawari
ランドは10万通貨運用2017年5月26日確認

 

運用のリスクも考える

リスクの先に利益があります

含み益、含み損ができても決済しなければ、得にも損にもなりません。

長期運用を考えるなら、できるだけ大きな金額で運用するだけでリスクを軽減できます。

 

1豪ドルが10円下がって70円になれば含み損は10万円。10円下がっても決済しなければ良いだけの話です。

FXで失敗する人は、少額資金で大量の注文をするため証拠金不足になりロスカットされているだけの話です。

 

FXで運用するには口座が必要

FXには口座が必要、早ければ翌日には口座が開ける

 

スワップポイントは毎日変動していて、ここ数か月変動が本当に激しいんです。

 

継続的に安定したスワップ利息をもらえるのは、

が毎月のスワップポイントも安定していてオススメです。

口座開設は5分で終了します。

中でも、はじめてFX口座を開設するなら外為オンラインが為替未経験者にも使いやすいく人気がある会社なので一押しです。

 

外貨預金をオススメしない理由

外貨預金をおすすめしない理由

【※勝手なイメージです】

 

  • 預金者にレートがかなり不利
  • 利息がFX(本来スワップの半分以下)
  • 手数料以外の見えない手数料がある(利益分から差し引き)
  • 手数料が萎える

 

外貨預金や銀行に勧められたファンドをおすすめしない理由は、銀行も同じレートでオーストラリアドルを運用していますので、手数料を抜かないと利益が出ないのです。

 

銀行の外貨預金を利用する場合、80万円預け入れて年間の利息は6千円前後、途中解約が不可で手数料は別途2千円徴求されます。

 

FXトレーダー 倉田くん
しかも、銀行の外貨預金などの商品はペイオフの対象外なので、もしものことがあったら、1円もあなたが預け入れた資産は戻ってきません

 

  • 銀行の外貨預金はインターネット特別優遇金利が1%
  • ファンドの短期債は毎月配当されますが、1万口で配当がたった50円

 

豪ドル金利は低下傾向にあるのに、金利の半分を持っていかれ、かつ出金時は手数料もかかります

FXも外貨預金も同じリスクを負うなら金利が10倍有利なFXが良いですよね。

 

証拠金取引ができるため少額資金で多くの金利が稼げるのです!

 

【関連動画】

 

参考:FX初心者が勝つためには業者選びが大切だった!?おすすめをランキングで紹介

参考:FXのスワップって金利どれくらい?&スワップポイントの裏技!

 

スポンサーリンク