投稿してもらったFX体験記

今回はFX投資家ジブさんのFX投資体験記を投稿して頂きました。誰でもお金は欲しいものです。FXは元金保証がない投資ですが、上手に運用できれば資産を2倍、3倍にもできます。

 

勉強しないで投資を行うことは危険です。運はいつまでも続きません。ジブさんの場合、FXの失敗談ですが、今後FXを始める方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

ジブさんの自己紹介

私は、30代の保険会社に勤める普通のサラリーマンです。会社の給料が思うように上がらず、将来が不安になり、副業を考えました。

 

インターネットで検索すると「FX」の口座を開くだけで1万円というキャンペーンが目につきました。ここから私の地獄が始まりました。

 

FXを始めたきっかけ

先ほども述べましたが、自分の将来に漠然たる不安があり、副業でお金を稼ぎたいと思い、インターネットで調べていました。その時、偶然「FX」のキャンペーンを知りました。口座開設だけで1万円といった内容だったと思います。口座開設だけならいいかと思い手続きしました

 

しかし、口座を実際に開くと取引したくなるのが人間の常です。はじめに10万円入金し取引を始めました。最初は、慎重に取引をしていたからなのか単なるビギナーズラックなのか分かりませんがなんと1年で50万円も勝ちました。これで気を良くした私はどんどんFXにのめり込んでいきました。

 

100万円で取引!しかし2日間で50万に…

1年間で、50万円も殖えたことでもっと大きく取引すれば大きく儲かるのではないかと考えました。そこで手元にある積立預金の100万円をネットで解約しFX口座に入金しました。

 

100万円が入金されているFX口座の画面を見ると緊張しました。でもこれでもっと儲かると興奮していたことも覚えています。早速、取引出来る限界金額までドル円を買いました。するとどうでしょう。なんと2日間で50万円マイナスになってしまいました、1年間頑張って利益を出したのに…。すごく悲しくなりまた悔しく思いました。

 

FXにどんどんハマっていく

損失を取り戻したいためにどんどんハマっていった

何としても50万円取り戻したい。手元には50万円ある。そこから、のめり込むように取引しました。しかし、100万円の時と比べると利益も半分。早く取り戻したい私は、消費者金融で借金をしました。

 

100万円のお金を調達することが出来ました。(出来てしまった。)150万円になった資金で取引を開始。ここからはもう朝も夜も仕事も関係ありません。

 

仕事中も営業マンだったので、ひたすらさぼって為替を見ていました。夜も為替市場は動いているので当然眠れません。唯一休めるのは為替市場が動かない土日だけです。

 

しかし土日もその週、負けが込んでしまったり、取引を持ち越していると月曜の取引スタートが怖くて廃人のようになっていました。

 

FXトレーダー 倉田FXトレーダー 倉田

この部分すごくわかります。私もこんな時期がありました。でも、相場が気になっているときってどうしても勝ててないときなんですよね。

 

FXで借金が500万円に

FXで借金が500万円。この先どうする?

ここから7年間、少し勝っては、気が大きくなって大きく勝負して大きく負ける、そして消費者金融や親に借金をするといった生活を送りました。

 

たまに勝つときはもちろんあります。しかし、借金を返済しようと、何度も取引をして結局500万円の借金が出来ました。

 

FXでなぜ負けるのか?

FXは取引している人の8割が負けているといったデータがあります。私の勝手な主観ですがこの数字は合っていると思います。でも為替は上がったり下がったりするものなので本来であれば5割の人は勝つのではないかと思いませんか?

 

しかしFXで8割の人が負けるのは、ある意味当然なのです。

 

人は儲けが少なくてもとにかく損をしたくない

損をしたくない

ある意味、これにすべて尽きるのだと思います。人はとにかく損をしたくないですし利益が減るのが嫌なのです。つまり、損失が膨らんでも「もう少し我慢すれば損失はなくなる。」「今損失を確定しまうと負けを認めるようなものだ。」などの都合のいい理由を付けて損切(損失を確定させること。)をしないのです。

 

逆に利益が少し出ているときは、「これ以上持っていて利益が少なくなったらどうしよう」と考えてしまい、少ない利益でも確保しようとします。

 

FXで勝つ本質は「利大損小」です。つまり、利益は大きく伸ばして、損失は早めに切って小さくすることです。しかし、人間の本質は「利小損大」なのです。これではFXで勝つことはできません。

 

負けた後熱くなってしまう

熱くなる

私もそうだったのですが、負けが込むと何としても取り戻したくなるので冷静にいることが出来ません。そして取引金額を大きくしてしまいます。しかも何の戦略もなしに、です。

 

冷静な気持ちや戦略なしに勝てるものはこの世にありません。自分で自分の首を絞めていってしまうのです。

 

失敗を経てFX取引で大切なことが分かった

FXで失敗して気づけたこと

結局私は、大切な点に7年間気づかずに負け続け500万円の借金をしてしまいました。

 

その後は節約を限界までして何とか返済出来ました。今、過去の失敗を活かしてFX取引を再開しています。なぜFXを続けているかというと、長期で考えればFXはいい商品であることに気づいたからです。現在、利益は小さいですがおかげさまで負けていません。

 

ジブさんが実践していること
  • 金額は50万円。このお金が無くなったら2度とFXはやらないと家族に宣言している
  • チャートや経済環境をよく見て自身のある時しか取引をしない。
  • ロスカット(強制的に損切出来るライン)は必ずつける。

 

以上3つです。とても簡単なことばかりですがこれをしっかり守るには(1)の他の人に宣言するが1番大きいと思います。人は弱いものです。誰かに宣言することで自制心を保てます。大きく増やすのではなく気持ちを平静に保っていられる金額かつ使う予定のないお金で取引をすることが何より大切だと思います。