SBIFXトレード』はFX業界への参入自体は遅かったのですが、奇抜なサービスでFX業界を震撼させています。

SBIホールディングは、銀行や証券などの金融総合会社なので、金融商品の知識を糧にユニークなサービスを展開し続けています。

 

今回は、SBIFXトレードのメリット・デメリットを含め5つのおすすめのポイントを検証します!

 

SBIFXトレードの安全性は?

SBIFXトレードの安全性

【引用:SBIFXトレード公式HP

 

SBIFXトレードは、SBIホールディングスグループの一員で東証一部上場企業です。

自己資本比率は828.3%、SBI本体の口座数は74万口座もあり、公的取引所のくりっく365を上回る勢いです。

 

SBIFXトレードは預り資産を100%三井住友銀行に信託しているので、仮にSBIは破綻する事態になっても、あなたの大切は資産は100%保全されます

 

SBIFXトレードの信託保全

【引用:SBIFXトレード公式HP】

 

少し堅苦しい話からスタートしましたが、SBIFXトレードは会社規模も大きく、預かり資産は信託保全で別財産管理されていますので、安心してFX取引を楽しめますね。

 

SBIFXトレードおすすめポイント1:スプレッドが狭い!

SBIFXのスプレッド

【引用:SBIFXトレード公式HP】

 

こちらの記事でも詳しく書いていますが、FXの短期トレードをする場合にスプレッドが狭い会社を選ぶことで利益率が変わります。

 

FX取引は、スプレッドの狭さが勝負の分かれ道になるので、デイトレード・スキャルピングトレードをする場合は低コストで利用できる会社を選ぶことが肝になります!

 

経済指標発表時でも安定したプライスを提示

指標発表時にも安定したプライスを提示

FXは経済指標発表時や要人発言後にスプレッドが開くことがありますが、内情はインターバンクが自社の収益を確保するためにスプレッドを広げています

 

FX会社はインターバンクから提示されているレートを利用しているためスプレッドが開きますが、このときにグレーアウト(約定拒否)が起こることも報告されています。

 

SBIFXトレードは25行のインターバンクと取引していて、指標発表時もスプレッドが開かない対応をしています。

 

こちらの記事でも書いていますが、SBIFXトレードは

  • グレーアウトの撤廃
  • スプレッドがトレーダーに不利に動いたとき報告義務を自社に課す
  • スリッページで損失が出た場合の補填
  • NO ストップ狩り宣言!

掲げていますので、安定して低コストでFXトレードを行えます。

SBIFXトレードの評判と口コミまとめ!グレーな評判も徹底検証!

 

SBIFXトレードおすすめポイント2:FXが4円からできる!?

FXが4円からスタートできる

FXが4円から開始できることはFX業界でも大きな話題になりました。

 

FXは1万通貨が基本取引になりますが、1/10の1000通貨を扱うFX業者は多くあります。

しかし、SBIFXトレードは1通貨(1ドル)から、なんと!証拠金は最少4円で取引ができるのです。

 

私は、以前よりFX未経験者はデモトレードからスタートすることを推奨していましたが、4円から取引できるSBIFXトレードがあることでデモトレード自体不要と考えています。

 

理由は3つあります。

  1. デモトレードは結局ゲームで自分の資産を投入していないことでリアルトレードのような緊張感を保てない
  2. スマホ対応のデモトレードが少ないので、PCのみの取引になる(リアルトレードではPCのみはありえない)
  3. 使用期間が3か月などのサービスがあり、サービス停止と共にFXの熱が冷めている

FXはやり方とコツをつかめば副収入の柱になります。

SBIFXトレードでは、1ドルからスタートできるので、1000円からはじめても十分FX取引のコツがつかめます。

 

また、実際に資産を投入することで本気で取り組むようになるので、デモトレードを延々続けるより成長のスピードが速いのです。

 

利益が出るようなら続ければ良いですし、全くFXで稼げそうないということなら、そこで辞めても構わない訳です。

 

しかも、SBIFXトレードは口座開設だけで500円キャッシュバックキャンペーン中!

※2016年12月31日まで

 

口座開設はこちらからどうぞ

SBIFXトレードのキャッシュバック口座開設

 

SBIFXトレードおすすめポイント3:スワップポイントが高い!&積立FX

スワップポイントが高い、積立FXというサービスも利用できる

積立FXの詳しい説明とスワップポイント比較はこちらの記事が参考になります。

外貨預金をするよりSBIFXトレードの『積立FX』がお得な5つの理由

 

2016年12月のスワップカレンダー

スワップリスト

【引用:SBIFXトレード公式HP】

 

少し見にくいんですが、SBIFXトレードは1通貨から取引ができるので、スワップカレンダーがこのような表示です。

 

1万通貨取引の場合、1万倍すると1日のスワップになるので、12/1のAUD/JPY(豪ドル円)なら買いが0.0135なので135円がスワップポイントになります。

  • 豪ドル1日平均41円
  • NZランド1日平均43円
  • 南アフリカランド1日平均143円
  • トルコリラ1日平均72円

このスワップポイントは他社と比較しても高水準でFX業界の中でもトップレベルの金額です。

 

また、積立FXは外貨預金の良いところとFXの良いところ取りをしたハイブリット外貨積立です!

 

FXよりも、預金のように資産を積立したいという方にオススメな投資方法です。

 

SBIFXトレードおすすめポイント4:トレーダー寄り添い過ぎのサービス満載!

トレーダーに寄り添ったサービス満載です

 

SBIFXトレードのチャートはインターバンクディーラーがデザインしたものを採用しています。

 

チャート、スマホ

チャートPC

【引用:SBIFXトレード公式HP】

 

図のように、あなたの使っているテクニカル分析を保存することができるので、一度設定すれば次回は自動で起動します。

 

また、チャート画面と注文画面の遷移も1クリックで注文時のスプレッドが確認できるのも嬉しいポイントです。

 

ドル円スプレッドが0.27銭だと注文を入れた瞬間、収益がプラスになっていることも多いので頻繁にトレードをしたい方におすすめです。

 

SBIFXトレードはサービス向上委員会を設置している!

SBIFXトレードはサービス向上委員会の設置をしている

 

  • 意見があったり
  • サービス内容を向上を具申したり
  • 文句を言える

 

特設委員会が設置されていて、『たくさんのご意見、ご要望をお待ちしております。』だそうです。

 

過去にサービス向上委員会で取り上げられた内容でチャートの仕様が変わったり、スワップポイントが上がったりしています。

投資家が安心して利用できるこのようなサービスが、後発組のSBIFXトレードの存在感を高めていると私は感じています。

 

SBIFXトレードおすすめポイント5:豊富なコンテンツ盛りだくさん

SBIFXトレードの豊富なサービス盛りだくさん

 

FX初心者に嬉しいHow toFXコンテンツが盛りだくさんです。

  • FXとは?
  • FX用語一覧
  • 取引ルールについて
  • 漫画で読む入門講座
  • テクニカル分析How to
  • 現役ディーラーの注目経済指標
  • 通貨売買比率
  • メール情報サービス

などなど、まだまだ盛りだくさん!

マンガや小説などのコンテンツが満載なので、遊びながらFXを覚えられるのも魅力の1つです。

 

1iオリコンランキングでも多くの1位を獲得!

SBIFXトレードは設立5年目でオリコンランキング獲得

 

2015年オリコンランキングでは、「取引手数料・コスト部門」「初心者部門」の2種目で1位を獲得しています。

コスト部門においては2年連続の1位なので、低コストが実証されていると言えます。

 

AAA

 

SBIFXトレードのデメリットは?

SBIFXトレードのデメリットは?

 

オリコンランキングで低コスト2年連続1位を取得しているSBIFXトレードですが、米ドルのスプレッド0.27銭は1万通貨以下に採用されています。

 

SBIFXトレードスプレッド

【引用:SBIFXトレード公式HP】

 

よく見ると1万通貨未満と以上でスプレッドに差が出ています。

米ドル円で確認すると1万通貨超で0.29銭、50万超で0.58銭が採用されます。

 

しかし、これでも十分他社より安いコストです。

取引量に応じてスプレッドに差が出ることは事前に覚えておいた方が良いですね。

 

他の金融資産を担保にしての投資はできない

他の金融資産を担保にして投資をすることはできない

 

証券会社のFXと違うので、所有している株式を担保にFXをする、投資信託を担保にしてFXをすることができません

 

SBIFXトレードはFX専業なので、預け入れた証拠金はFXでのみ資産運用をしていく必要があります。

とは言え、通常のFX業者はこれが当たり前のことなので、気にする必要はないでしょう。

 

外貨両替は不可

外貨両替もできません

 

SBIFXトレードは、日本円の出金のみの対応になるので、あくまで投資口座という考えを持っておいてください

 

最近では、銀行よりも低コストで外貨に両替できるFX会社が増えてきましたが、SBIFXトレードは外貨出金の対応をしていません。

 

SBIFXトレード|メリット・デメリットまとめ

SBIFXトレード、メリット・デメリットまとめ

 

  1. 他社にはないサービス向上委員会の設置
  2. FX業界が指摘され続けてきたグレーアウトの排除宣言!
  3. スリッページ約定情報開示の徹底
  4. NO!ストップ狩り宣言
  5. スプレッドの低コストの実現
  6. 積立FXという新しい構想
  7. チャートはFX専門家がデザインする
  8. 1ドル(4円)からFXが楽しめる

 

このようにトレーダーのためのFX会社を目指し、当たり前のことを当たり前に実行してトレーダーからの支持を集めています。

 

新しいサービスも随時発表され、コストもスワップも日に日に良くなっているのでFX業界の革命児的な存在とも言えるでしょう。

今なら、口座開設をした時点で500円キャッシュバックなので、無料でFXをお試しで体験できます!

 

4円からFXができる「SBI FXトレード」スプレッド最狭業界No1

sbifx
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
取引単位 キャッシュバック 通貨ペア数
0.27銭 35円 1通貨 500円(全員) 26ペア
4円からFXができ、口座開設だけで500円のキャッシュバックがあるので、実質無料でFXをスタートすることができるFX会社です。

FX業界最狭(さいきょう)スプレッド、ドル円0.27銭を採用、ドル円以外の通貨ペアもスプレッドが狭く、最少1ドルからFXができます。

PC&スマホツールも高性能でデイトレーダーのように頻繁に取引をする方にも人気のFX業者です。

オリコンランキング:取引手数料、コスト部門、初心者部門第1位のFX会社を無料で使える今がチャンス!低コスト、高機能ツールでFXを体感してみませんか?

sbifx

 

SBIFXトレード関連動画