【OCO注文】動画でチェック!しっかりマスターしてガツっと稼ごう


FXで利用頻度の高いOCO注文OCO注文は、「One side done then Cancel the Other 」の略です。

2つの注文を同時に発注させ、一方の注文が成立すると、片方の注文がキャンセルされる注文方法です。

少し分かりにくいですね。

OCO注文はFXで頻繁に利用する注文なので完璧に覚えてしまいましょう。

簡単に理解できるように、図と動画で確認していきます。

 

スポンサーリンク

利益確定と損切の両方の決済注文を出す方法です

OCOの説明

OCO注文は、指値注文と逆指値注文の利益確定と損切り確定の2パターンの注文を同時に出します。

どちらか成立すればもう一方の注文はキャンセルされるのです。

損失確定に近づくとOCOを解除するFX初心者が多いのですが、「ポジションを立てたときは冷静な判断をしている」はずです。

損をするのは誰でも嫌なことですが、損失が大きくなる前に切ってしまった方が良い取引だと言えます。

OCOを切った後で戻ることもありますが、損失が拡大すると手に負えないほどの含み損になることがあるのです。

しっかり損切り注文は徹底してください。勝てるFXトレーダーの近道です。

新規注文にも利用できるのが便利

FXのOCOは必ず決済注文を入れるポジションがスクウェア(ノーポジション)のときに新規約定にOCOを利用することもできます。

ポジション注文と、決済と損切りの3点セットを行えますがレベルの高い話です。

FX初心者は新規約定は成行で取ってから、決済注文にOCOを使用する方法が簡単でおすすめです。

動画でOCOを再確認  動画 3:42秒

 

押さえておきたいFXの注文方法

FXの注文方法はたくさんありますが、実際に利用するものは、指値、逆指値、OCO、IFOくらいでしょう。

使える注文方法はたくさんあるので、あなたが使いやすいものをチョイスできると良いですね。

私のおすすめはOCO注文ですね。

OCO注文などの損切り注文がない注文を利用するときは必ず逆指値注文を入れてくださいね。

【指値注文・逆指値注文】動画でマスター!FXで稼ごう

【動画】IFO注文は会社員の強い味方だ!マスターしよう

注文一覧に戻る

 

スポンサーリンク

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
外為オンライン誘導 GMOクリック証券誘導 アイネット証券 M2J誘導
※参考になった記事に「いいね」してもらえると励みになります。

カテゴリーから次の記事を選ぶ

カテゴリーから記事を選ぶ

注文方法カテゴリの最新記事

記事一覧 (この部分をクリックすると一覧が表示されます。)