GMOクリック証券のスプレッドとスワップを比較・調査しました

GMOクリック証券と言えば、スプレッドがFX業界でも最狭で、デイトレードやスキャルピングに適した環境を提供してくれるFX会社です。

 

今回、GMOクリック証券のスプレッドの噂を聞きつけて調査に乗り出しましたが、思ってもみない結果が出てきて驚きました。

肯定的な意見、否定的な意見を含めて確認した結果です。

 

GMOクリック証券を利用中の方もこれから口座開設予定の方も最後までお付き合い頂ければ嬉しい限りです。

 

※目次ページから必要な場所にジャンプできます。

 

GMOクリック証券のスプレッドは業界でも最高レベルの狭さ!

GMOクリック証券のスプレッド

GMOクリック証券、スプレッドの補足

引用:GMOクリック証券公式HP

 

スプレッドの原則固定は、経済指標やサプライズがあった場合にスプレッドが2銭、3銭と開きますが、これは為替レートでは起こりうることです。

 

市場がパニックになるとカバー先と呼ばれる銀行から提示されているスプレッドが開くので致し方ありません。

 

私もGMOクリック証券を利用していますが、通常時にスプレッドが開いていているところをみたことがないんですよね。

GMOクリック証券も堂々と広告を出していますし、BIDとASKの隣には現在のスプレッドも表示されていて、原則固定のままで取引できています。

 

GMOクリック証券のスプレッドがどれだけ狭いか比較してみます

FX会社スプレッド

米ドル円
スプレッド

ポンド円
スプレッド

豪ドル円
公式サイト
マネックスFX原則0.2銭固定原則固定1.3銭原則固定0.5銭マネックスFX
GMOクリック証券原則0.3銭固定原則1.1銭固定原則0.7銭固定gmoclick
みんなのFX原則0.3銭固定原則1.0銭固定原則0.7銭固定minna-no-fx
m2j変動制変動制変動制アイネット証券
外為オンライン誘導原則1.0銭原則3.0銭原則3.0銭gaitameonline
インヴァスト誘導変動制変動制変動制インヴァスト証券
FXプライム原則0.6銭固定原則1.8銭固定原則1.3銭固定fxprime
ひまわり証券原則1.0銭原則6.0銭原則4.0銭himawari
SBIFX原則0.27銭固定原則1.19銭固定原則0.77銭固定SBIFX<br />
トレード
算出日2017年6月14日※当該スプレッドは原則固定で提供

 

上位のヒロセ通商、SBI FXトレードと比較すると肉薄している戦いですが、下位にいる会社と比較するとスプレッドが3倍違います。

 

FX会社を選ぶ基準はもちろんスプレッドだけではありませんが、業界でも最高峰の低コストです。

 

 

スプレッドが狭いFX会社は

 

  • 親会社が大きな会社
  • 会社規模の大きいFX会社
  • FX取引が活発な会社

 

このように財務状況が安定している会社がスプレッドを狭くしています。

 

つまり、スプレッドを狭く経営しているFX会社は経営が安定している会社でないとできない!

さらに言うとスプレッドが狭いFX会社は優良企業であることが読み取れます!

 

GMOクリック証券:スプレッドのまとめ

GMOクリック証券が選ばれる理由

【引用:GMOクリック証券公式HPより】

 

GMOクリック証券は、FX取扱高が世界1位で、口座数もくりっく365に次ぎ40万口座を超えています。

 

実際にGMOクリック証券で取引をしていますが、経済指標発表時のような急変動、トランプショック以外でスプレッドが大幅に開いたこともないので、安心して選べる低コストなFX会社です。

 

GMOクリック証券の安全性の質問がありました

GMOクリック証券の安全性について

 

実際の取引についてのクチコミはこちらからも確認できます。

GMOクリック証券の評判と口コミをまとめてみた

 

GMOクリック証券

 

GMOクリック証券のスワップポイントについて驚愕の事実!

GMOクリック証券のスワップポイント

 

チェックして欲しいのはスワップポイントです。基準日が2016/11/11ですが・・・改めてチェックしてみると、この日だけスワップポイントが高いことが判明しました。

GMOクリック証券、スワップポイント算出データ

 

今回は広告のスワップポイントを採用するのは止めておきます。

 

FX業者をスワップポイントで比較

毎日の平均から算出したスワップポイントは比較表のとおりです。

 

FX会社豪ドルNZドル南アフリカランドトルコリラ公式サイト
マネックスFX36円37円6円-マネックスFX
外為オンライン誘導21円20円5円-gaitameonline
GMOクリック証券38円44円17円110円gmoclick
インヴァスト誘導35円38円10円-インヴァスト証券
SBIFX40円40円18円97円sbifx
m2j18円18円6円69円m2j
FXプライム29円33円13円105円fxprime
ひまわり証券21円20円5円-himawari
ランドは1万通貨計算2017年6月14日確認

 

スワップも高水準です。

 

GMOクリック証券でスワップ運用は考えたことがなかったので、完全にスルーしていた項目ですが、チャート機能も使いやすいので、スワップ運用口座にしても問題はありません。

 

スワップポイント口座にするのは少しもったいない気もしますが、長期運用オンリーの方はGMOクリック証券で口座開設、高金利通貨を保有でも良いですね。

為替情報の豊富さならGMOクリック証券なので、選択肢としては有りです。

 

また、保有しているポジションを決済することなく、スワップポイントだけ受け取ることも可能なので、安いポジションを保有している人は超長期運用も可能です。

 

GMOクリック証券:スワップポイントのまとめ

GMOクリック証券も、思ったより(失礼)スワップポイントが高いんですね。

短期取引をする方におすすめのFX業者でしたが、スワップだけで考えている方にもおすすめです。

 

国内のFX業者はほぼ信託保全をしていますが、中でもGMOクリック証券は大型グループ企業のため、財務基盤の盤石性が担保されています。

FX取引高世界1位の会社で取引をしていれば万が一の状況にも安心です。

 

FX取引高 世界第1位! デイトレなら「GMOクリック証券」

FX取引高世界第1位
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
取引単位 キャッシュバック 通貨ペア数
原則0.3銭固定 35円 10,000通貨 最大25,000円 18ペア
GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、取引高も世界第1位と非常に多く安定しています。

低スプレッド(低コスト)、高スワップ(高金利)で非常に人気があります。

使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはGMOクリック証券が一番お勧めです。

GMOクリック証券誘導

 

関連動画