マネーパートナーズ

 

口座開設

 

突然ですが海外旅行に行かれたことはありますか?海外旅行に行く際に必ず必要になるものがあります。それは外貨両替です。

 

あまり為替に興味が無い人は気づいていないかもしれませんが、海外旅行のために外貨両替を銀行でやると高い手数料を取れられて損なのをご存じですか?しかも、手数料+為替レートが余計に乗ってます。(後述していきます)

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

結果から言えば、マネーパートナーズで外貨両替をすれば、ドル両替も銀行より70%オフで両替できます。ただし、即日両替不可なので数日前から準備をしておく必要はあります。

私は最近全然海外旅行に行っていませんが、外貨両替するなら銀行で外貨両替しないでマネーパートナーズでやると思います。その理由を確認していきましょう。

外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

 

外貨両替はどんな時にするの?

FXの基本は外貨両替です。FXは投機的なイメージが強いですが、通貨の交換をすることがFXですよね。

 

この外貨両替ですが、基本的には銀行が行っています。それもそのはず、通貨の売買はそもそも銀行が行うものです。しかし、銀行の外貨両替サービスは、べらぼうに高い手数料を取ります。

 

個人的な銀行の悪口
お金持ちからは投資信託や外貨預金で高額の手数料を取り、お金がないところからはカードローンで金利を取り、住宅ローンでは融資額と同額のお金を搾取します。そして、預金者からはATM手数料を取るくせに、普通預金の金利は0.001%。外貨両替も1通貨で3円~10円の手数料を取ります。自分たちは何も生み出さないのに彼らは高収入です。銀行というビジネスモデルはいつまで続くのか・・・。

 

話が反れましたが、多くの人は外貨両替は空港でやるもの。都市の銀行にある外貨両替センターでやるものだと認識していることでしょう。空港両替は手間はかからないものの、思いっきり高い手数料を銀行に払って銀行員を食べさせてあげている優しいお金持ちの方々です。

 

しかし、手数料だけを考えた場合、銀行より両替手数料が安く済む方法があります。

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

最終的にはマネーパートナーズと言いますが、他の方法も見ていきましょう。

外貨両替にはどんな方法があるのか?

外貨両替には、いろいろな方法がありますが、前提としては、基本的に日本国内で両替をしておきましょう。たとえば、アメリカに行くとして、アメリカに行ってから、両替するのは各空港でできますが、為替レートがあまり良くなく手数料がものすごく掛かります。

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

私は怖がりなので、現地に到着してからの両替は考えられません!日本円取扱不可だったら怖くないですか?

したがって、外貨両替は、どの国に行くにしても日本で済ませておく方が良いです。では、日本で外貨両替をするとして、どんな方法があるのかというと一般的には以下の5つの方法があります。

 

主な外貨両替ができる場所

・空港の両替所

・大手銀行(みずほ銀行や三菱UFJ銀行など)

・ネットでの両替サービス

・金券ショップなど(大黒屋など)

・郵便局

 

空港での両替は手軽だが・・・

外貨両替をする際にみなさんがまず思いつくのが空港での両替ではないでしょうか?主に、旅行当日まで忙しくて両替できなかった方や、空港以外での両替を試さなかった方が中心です。空港内での両替は、みずほ銀行や三菱UFJ銀行などの店舗やトラべレックスの店舗もあります。

 

ここではトラべレックスについて解説します。

 

トラベレックスのメリット

・ドル・ユーロなど主要通貨だけでなく、ベトナムドン、フィリピンペソ、ブラジルレアルなど33種類もの通貨を取扱っている

・空港以外にもほとんどの地域に店舗がある。

・外貨両替計算書を記入する必要はなく、口頭で伝えるだけなので簡単。

 

 

トラべレックスのデメリット

・手数料が2.55円(銀行とそこまで変わらない)。

・金種の上限が20枚まで

・空港によってかなり行列ができるほど待つ事が多い。

 

空港での両替は、確かに取り扱っている通貨も多く便利ですが、手数料が銀行とほとんど変わらないぐらい高いです。さらに、空港は旅行前の最後の外貨両替ができる場所なので、どうしても両替待ちの人で行列ができ、待ち時間が長くなる傾向もあります。

 

空港に行ってもフライト手続きなどで時間が掛かるので待ち時間が長いのでは両替ができなくなる恐れもあります。

 

メガバンクの外貨両替|取扱通貨数や営業時間は?

メガバンクの外貨両替

外貨両替をする際に空港の次に思い浮かぶのが銀行ではないでしょうか?下の表は一部大手銀行の外貨両替の概要です。

 外貨両替が可能な場所取扱通貨営業時間
みずほ銀行一部の店舗と外貨両替ショップ10店舗18種類11時〜19時
SMBC信託銀行(三井住友銀行から承継)17店舗、空港6箇所22種類9時か11時〜18時30分か19時閉店が多い
三菱UFJ銀行5店舗、空港7箇所16種類9時〜16時

 

各銀行の外貨両替の特徴です。

 

みずほ銀行での外貨両替

・一部の店舗と外貨両替ショップで両替が可能

外貨両替ショップは11店舗のみ。そのほとんどが東京都内。あとは関西に空港を含めて2箇所のみ。

・取扱通貨はドルやユーロ以外にも、スイスフランやマレーシアリンギット、香港ドルなど18種類も扱っている。

ちなみに、外貨両替ショップはみずほ銀行の窓口よりもお得なレートで両替ができます。例えばドル円なら30銭割引。

・また一部店舗によっても割引が受けられる。

 

 

SMBC信託銀行(三井住友銀行)での外貨両替

・三井住友銀行では、現在外貨両替のほとんどをsmbc信託銀行に承継している。

・三井住友銀行の店舗で外貨両替できるのは米ドルのみ。ただし、郵送や宅配での両替は引き続き行っている。(34種類の外貨を取り扱い。)

・承継先のSMBC信託銀行では米ドル、カナダドル、ブラジルレアル、トルコリラなど22種類の外貨両替が可能

・通貨によっては空港内の店舗でしか両替できないものもある。

・営業時間は基本的に銀行の窓口が閉まる時間以降も空いてるが、両替コーナーにより時間がまちまち(大体の店舗が18時30分以降まで空いており、21時まで空いている店舗もある)

・また両替コーナーの中には土曜日や日曜日も空いている場所もある。

 

 

三菱UFJ銀行での外貨両替

・スウェーデンクローナ、デンマーククローネなど北欧の通貨やタイバーツやニュー台湾ドルなど16種類の通貨を取り扱っている。

・外貨両替コーナーは平日の9時〜16時まで。

・ワールドカレンシーショップは21通貨を扱い、店舗も北は北海道から南は福岡まで41店舗ある。

・ワールドカレンシーショップの営業時間は夕方まで空いている店舗も多い。17時で閉店する店舗もあれば、20時まで空いている店舗もある。

・土日も営業している店舗もある。

 

 

各銀行における両替レート一覧(日によって違いあり)

 みずほ銀行SMBC信託銀行三菱UFJ銀行
ドル3円2円70銭2円80銭
ユーロ5円80銭4円3円90銭
ポンド10円70銭11円11円70銭
オーストラリアドル9円50銭9円50銭9円80銭
カナダドル8円40銭8円60銭8円50銭
スイスフラン4円80銭4円90銭4円90銭
韓国ウォン0.0150.0150.015
シンガポールドル4円70銭5円83銭5円75銭
タイバーツ50銭41銭46銭
スウェーデンクローナ3円40銭2円40銭2円40銭
デンマーククローネ2円30銭2円30銭2円30銭
ブラジルレアル取扱なし8円50銭取扱なし
中国元取扱なし1円80銭1円60銭
 

上の表のように、銀行によって通貨によって若干の違いがあります。また銀行の中には30銭の割引をしている店舗もあります。

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

高っけ!

おこづかいを仮に10万円として考えた場合、ドルで3000円、ポンドで1万円くらいが目安という感じですね。

銀行は両替手数料が高いので、賢い人は最終選択として考えますが(時間が間に合わない、すぐに両替しないといけないなどの場合)海外出張など、すぐに出国する場合を除き、計画的に海外旅行の計画を立てていると思います。せっかくの旅行ですから手数料を安く済ませて、おこづかいを多めにできた方が嬉しいですよね?

 

ネットでの両替サービスは手数料は安いが、即日ではない

外貨両替ドルユーロ

(画像引用元;外貨両替ドルユーロ公式サイト)

 

例えば外貨両替ドルユーロという会社があります。取引額が多ければ多いほどレートがお得になる会社です。取引額が200万円以上であれば、50万円以内の時と比較して、30銭ほど安くなる。

 

また銀行よりも手数料が安いです。ドルなら2.1円。ユーロは3.2円ほどです。(ユーロ円の場合、銀行は6円ほど)アジアを中心に17種類の通貨を取扱っています。24時間注文が可能なので仕事で忙しくて銀行になかなか行けない人にも良いですね。注文はネットから簡単で30秒ほどできますが、両替に1〜2日かかるのが難点です。1000万単位の高額両替も可能です。

 

外貨両替ドルユーロの手数料一覧の一部

ドル2円10銭
ユーロ3円20銭
ポンド3円30銭
45銭
韓国ウォン0.0014
カナダドル3円30銭
オーストラリアドル3円20銭
スイスフラン3円80銭
タイバーツ11銭
シンガポールドル2円30銭

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

外貨両替手数料は安いものの、会社自体新しいですよね。1年前は見なかった会社です。金融機関でないのに、こんなにお金を持っているところが少し怖いです。

懐疑的な見方になりますが、1ドル100円のとき、1000ドル両替した場合、相手方に入る手数料は2100円です。2100円得るために代引き手数料も持ってくれて、見せ金の1000ドルも必要なんです。相当回転させないと利益を得られないビジネスモデルです。しかも資金も億単位で日本円、外貨を用意しておく必要があります。社員さんの写真を見ても若いんですよね。何か不自然さを感じます。(個人的感想)

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

追記:理由がわかりました。ドル円はさほどレートが変わりませんが、ユーロ円は実レートより4円、ポンド円で6円抜いてます!実質銀行と変わらない!ただ、持ってきてくれるのは便利です。

 

金券ショップはドルの外貨両替ならお得

大黒屋

(画像引用元;大黒屋公式ホームページ)

 

金券ショップで外貨両替といえば大黒屋が有名です。大黒屋店舗での両替も可能なので国際空港のない地域でも両替が可能です。

 

営業時間も夕方から夜近くまで営業しています。ただし、お店によって販売されている通貨が少なく、米ドルだけしか取り扱っていない店舗もあります。

 

ドルとユーロならお店によっては硬貨の両替も可能です。手数料は銀行よりも安いが、それでも1ドルあたり2.3円ほどかかります。またユーロやポンドだと銀行と比較してそこまで安いわけではありません。

 

インターネットでも注文できますが、受付時間が平日の11時〜14時までしか対応していません。さらに振込期限も受付日の15時までしか受けていません。即日発送はしてくれますが、受け取りに少なくとも翌日までかかりますし、送料が700円かかります。またインターネットの場合30万円以上の両替はしていません。

 

ゆうちょ銀行・郵便局は良くない選択肢

郵便局で外貨両替可能

ドル、ユーロなど8通貨の取扱。ゆうちょ銀行全店(233店舗)及び一部の郵便局(約480局)で外貨両替ができます。また取扱通貨が15種類の外貨宅配も行っています。ドルだと3円弱、ポンドだと10円以上の手数料がかかるなど割高です。

 

数ある選択肢の中で郵便局での両替が一番よくありません。また窓口が空いているのが平日の16時までです。都心の店舗は混雑しているため待ち時間が長くなる傾向があります。

 

FXトレーダー 倉田FXトレーダー 倉田

なんだか外貨両替は複雑です。銀行や郵便局は手数料が高く、ネットでの両替サービスは即日で受け取れないし、大黒屋と対して変わらないなぁ

 

どれもこれも手数料が高く決め手に欠ける

そもそも、両替手数料だけで比較していることが間違っています。銀行は3000円~10000円近くの手数料を取っておきながら、為替レートも乗っけてます

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

どういうことかと言うと、実レートが145円なのに、交換レートは155円を採用しているということです。知らないだけでかなり損をします。

銀行だけでなく、他の外貨両替業者も同じようなことをやっています。これって利息の二重取りにならないんですかね?

 

マネーパートナーズでの外貨両替は手数料がとても安い!

マネーパートナーズ

 

口座開設

 

FX会社であるマネーパートナーズでは外貨両替というサービスを行っています。この方法は、FXをやっている人でないと気づかないかもしれません。利用しない手はありません。

 

マネーパートナーズを使った外貨両替の特徴としては以下のとおりです。

 

 

外貨両替にマネーパートナーズを使うメリット

・両替手数料が他の方法と比べて最大で92%OFF

・両替手数料は両替手数料170円と空港受取事務手数料500円の合計670円のみ

・つまり1通貨あたりの手数料が、全ての通貨でFX取引レートに20銭プラスした金額しか掛かりません。

・米ドル、ユーロ、ポンド、スイスフラン、韓国ウォン、中国元の6通貨に対応

・成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港の4つの空港で受取が可能

・口座開設を済ませておけば、好きなタイミングで外貨両替ができるので有利なレートの時に注文できる。

・もちろんFX取引はしていなくてよい

・三井住友、楽天、ジャパンネット、みずほ、ゆうちょ、三菱UFJ、住信SBIネット、ソニーなら振込手数料無料、両替手数料も安い

 

 

マネーパートナーズで外貨両替をする際の注意点

・最低100ドル、100ユーロからの両替になる

・月1回1通貨しか利用できない。例えば同じ月にイギリスとフランスに行く場合は片方しか両替を受けられない。

・マネーパートナーズFXには10000円単位での入金が必要

・事前にマネーパートナーズの口座開設が必要

・受取に最短4日かかる(月曜日の16時までに依頼完了でその週の金曜日に受取れます。ただし、16時を過ぎてしまうと翌週の金曜日以降の受取になる)

・各通貨にそれぞれ2000ドル、2000ユーロ、2000ポンド、2000スイスフラン、300万 ウォン、15000元の両替上限がある。

・受取時間に制限があり、成田空港は9時〜18時、羽田空港は6時〜23時、関西国際空港は5時45分〜23時30分、中部国際空港は7時〜22時30分である。年中無休です。

 

FX初心者 優奈さんFX初心者 優奈さん

すごいわぁ!他の方法と比べて圧倒的に手数料が安いわね。マネーパートナーズ一択しかないわね

 

FXトレーダー 倉田FXトレーダー 倉田

受取に時間が掛かるのは難点ですが、海外への旅行となるとだいたい数週間前から日程を決めている事が多いだろうから事前に両替をしておくことで問題はないでしょう!

 

マネパの両替手数料は他社と比べると半端ないって!!

半端ないって

手数料が安いことは事実ですが、マネーパートナーズの両替はどうしても手間がかかります。手間がかかっても安い両替が良い!という方にはおすすめですが、面倒くさい場合は空港で並んで両替してしまった方が楽だと思います。

 

何を優先するかで両替する方法も変わってくる』でしょう。ちなみに前職の職場で海外旅行が好きな女子がいて『FXで両替すると手数料安いよ!』と話をしたことがあります。彼女は『それは知ってるけど、なんかイヤだ』と言っていました。両替手続きの手間と投資をしないのに投資口座を持つことに違和感を感じることもあるようです。

 

マネーパートナーズでの外貨両替のやり方の流れ

まずマネーパートナーズの口座開設を済ませ、入金しておく必要があります。大まかな流れとしては、以下のとおりです。

 

パートナーズFXに入金→マネーパートナーズ公式サイトから受取依頼→空港で受取

受取依頼は難しくはありません。他の外貨両替方法と同じように受取通貨、受取窓口、受取日、受取金額を入力するだけです。 受取時には以下のものが必要です

 

外貨両替時に必要なもの
  • 受付番号(メモなど)
  • 本人確認書類(顔付きの運転免許証やパスポート)

 

FXトレーダー 久保FXトレーダー 久保

両替時の注意点もあります。

受取先の窓口を一度決定すると、それ以外の系列店舗、窓口では受け取れません。 外貨受取には受取用紙への記入、現金パックの内容確認などの所定の手続きがあり時間が掛かるので、時間には十分余裕を持っておくこと。 このようにマネーパートナーズに口座開設しておけば、とても便利です。両替時の手数料が他の方法の10分の1しか掛かりません。

 

他の方法ではドルの手数料は数十銭安くなる事がありますが、ユーロやポンドなど他の通貨についてはほとんど変わりません。しかし、マネーパートナーズは6種類の取扱通貨全ての手数料が安いです。

 

また他の方法のように待ち時間が長い事もないので、安心して受取に行く事ができます。 海外に行く機会が多い人は、FX取引をしない人もマネーパートナーズでの外貨両替がおすすめです!

 

外貨両替は手間がかかるが安いが一番!マネパの外貨両替がおすすめです!

マネパの両替

 

マネーパートナーズの外貨両替を利用するには口座開設が必要です。

fxkouzakaisetu